今注目のニュース
優しい救助者に感謝! 木の穴に頭からスッポリとハマって抜けなくなってしまった猫ちゃん
おじさんと少女のコンビが崩壊直前の世界を冒険、90年代アニメと『ゼルダの伝説』の影響を受けた『Eastward』がNintendo Switchで2020年に国内配信へ
帝王・村西とおるが語るAV業界の本音「嘘でなければ真実を描けない世界」

ラブプラス単語

ラブプラス

掲示板をみる(580)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ラブプラスとは、他人の彼女ゲームの登場人物だと妄想する幻覚症状を持った人々に共通して見られる、当該女性への呼称である。

概要

2009年9月3日に、全男女交際が急増すると同時に、それらについてゲームの登場人物と擬似恋愛している」という強迫観念に駆られる幻覚症状に数多くの人々が襲われる現が発生。社会問題となっている。

おおまかな症状としては上述の通りだが、奇妙なことに全員の幻覚・妄想の内容が細部まで一致するという特徴があり、従来確認されてきた精神疾患のいずれにも見られない特異な現であるとして、世界中で注されると共に、研究・治療法開発が急がれている。

ゲームと現実の区別がつかなくなった患者の証言

以下、幻覚症状に襲われた人々に共通して見られる言をまとめ、記する。

ラブプラスとは、コナミデジタルエンタテインメントより2009年9月3日に発売された、ニンテンドーDS専用のゲーム作品である。

同社の人気シリーズときめきメモリアル』に代わる新たな人気シリーズ確立し、コナミエンタテイメントが一から作り上げた恋愛シミュレーションゲーム

3人のヒロインの中から1人を選び、3Dで描かれる彼女達との恋愛を経験する。

DSタッチペンシステムを効果的に使用したコミュニケーションなども話題になったが、何といっても最大の特徴は物語リアルタイムで進行することであり、膨大な会話パターンイベントを収録している。
これは、「告白される(告白する)ことで恋愛関係になる」ことをゴールとして進行する従来の恋愛ゲームから、告白されてからの人としての関係」をメインにすえるという新スタイルした末に生み出されたシステムであるという。

その全量は実に、全ての会話を聞くまでにリアルタイムでほぼ2年必要という狂気じみた量である。
もちろんボイス量も半端ない上に、何と1500通り以上の名前データを収録しているため、大抵の名前ならフルボイスで呼んでもらえるSoftalkのようなテキスト読み上げシステムの応用)という強な長所も持つ。

容量の少ないDSソフトにおいて、ヒロイン3DCGで描きあげるうえ、このような膨大なイベント数・ボイス・会話パターンを収録したことは特筆すべき神業であり、コナミギャルゲーへのこだわりとの入れようが伺える。

 

以上が、患者に共通して見られる言である。

驚くべきことに、急性の精神疾患による妄想としては非常に細部まで正確に形作られており、まるで本当にそういうゲームが存在するかのような緻密さを持っている。

上述の通り、奇妙なことに全に数多く発生した患者の言は、ほぼ全てこれと同一のものである。疾患による幻覚・妄想は、周囲の環境や体験によって他人と似通うことはあるものの、ここまでの一致は前例のない異常なものであり、当疾患の特異さが現れている。

影響

疾患にかかった人々は、そのゲーム作品(便宜上、以降これを幻覚の言に倣って『ラブプラス』と呼ぶ)が社会に与える影について危機感を覚える、一種の被害妄想にも取り付かれている。

以下は、その顕著な言例である。

上述の通り、リアルタイムで進行する上にイベントを全て消化するのに2年必要という狂気じみた内容から、発売前から廃人育成ゲームとして大きな期待がかかっていた。

案の定、発売日にはmixiでの検索ワード1位にいきなり君臨し、一部のゲーマーを熱狂の渦に巻き込み、ピュア名言を生み出しまくるなど、恋愛ゲーム業界、ひいてはゲーム業界に多大な影を与えた。

確かに、疾患大量発生の2009年9月3日に、mixiなどでの恋愛カップルに関するページ話題が急増しているものの、特に異常は見られない健全な男女交際である。論、言どおりこれらが全てゲーム内の人物と恋愛をしているということならば社会問題だが、常識的に考えて現実妄想の区別のつかない人間はそこまで多くない。

ストーリー

以下、当該の幻覚・妄想に登場する『ラブプラス』におけるストーリーを記する。

あなたは新しく引っ越してきた“とわの”で、女の子との運命的な出会いを体験します。
そこで「ともだち」として、2人だけの思い出を積み重ねていきます。

そして訪れる、“告白”という名の運命の日・・・・・・。

しかし、あなたと女の子物語は、これで終わりではありません。
ここからは、「人」としての2人のストーリーが続いていきます。

被害にあった人物

その後の変異

妄想パターンが拡された「ラブプラス+

一部ゲームセンター内でのみ発症する「ラブプラスアーケード

妄想解像度が向上したが、一部問題があった「NEWラブプラス」その善版「NEWラブプラス+

被害者が一人増えた「ラブプラスコレクション」などの変異が確認されている

関連動画

関連商品

ゲーム

音楽

書籍関連

関連立体

関連コミュニティ

関連項目

外部サイト

掲示板

  • 578削除しました

    削除しました ID: 1krJ83o0eq

    削除しました

  • 579ななしのよっしん

    2018/04/22(日) 23:10:35 ID: t4m1grZmO4

    ゲームやってまで仮想恋愛したい層が消えてしまったからな
    しかし需要はあるから当時以上の品質を出せば同程度のヒットは見込めるだろう
    ただ当時のDS事情ほどシェアを奪ったハードがないのとスマホの登場があまりにも大きい
    無料アプリだとどうしても期待されないしで、何らかの対策は必要
    元々がコア層に受けていたから通常のソシャゲ形式だと見向きもされないだろう

  • 580ななしのよっしん

    2018/04/25(水) 00:22:39 ID: yyKYRn8D67

    ラブプラスオワコン

    三人とも当時のユーザーと一緒に大人になったんだ

    だから達は達で彼女を見つけなくてはいけない

    いつまでも過去に縋り付く事はしてはいけない

急上昇ワード

最終更新:2019/08/20(火) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/20(火) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP