Dance Dance Revolution単語

ダンスダンスレボリューション

7.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

圧・倒・的・存・在・感

Dance Dance Revolution(ダンスダンスレボリューション)は、1998年9月に稼動を開始した、コナミ(現コナミアミューズメント)の音楽ゲームシリーズである。略称は「DDR」「ダンレボ」で、ニコニコ動画では「DDRexit_nicovideo」が基本タグとして使われている。

概要

音楽に合わせて、画面上を流れる上下左右の矢印に対応するフットパネルを、タイミングよく踏んでいくゲーム

「足でプレイするゲーム」というユニークスタイル東芝EMI(現EMIミュージック・ジャパンユニバーサルミュージック)の「Dancemaniaシリーズとのタイアップで実現したクオリティの高い楽曲が、ゲームファンのみならず一般層にも受け、1998~99年頃にブームとなった。が、それ以降は沈静化し、2002年の8作「Dance Dance Revolution EXTREME」をもって一旦アーケード版の開発は休止された。
しかし、フィットネス効果の高さから欧で新たなブームを起こしたことと、ファンの根強い要望により、2006年に3年半ぶりの復活作「Dance Dance Revolution SuperNOVA」が稼動開始、ファンは狂喜した。2018年に20周年を迎えた。

現在アーケード版最新作「Dance Dance Revolution A3」(2022年)が稼働中。ダンスゲーム姉妹作として「DANCERUSH STARDOM」と「DANCE aROUND」も稼働している。

またKONAMIが行うe-SportsプロリーグBEMANI PRO LEAGUE SEASON2」の競技機種である。

タイミング(ステップ)判定

MARVELOUS!!!
PERFECT!!
GREAT!
GOOD
MISS...

※通常モードDDR SN2から標準判定されるようになったMARVELOUS判定が現在の最高判定である。COMBOはX3まではGREAT以上の判定じゃないと繋げれなかったが、DDR(2013)からは北CSDDR同様GOODでもCOMBOが繋がるようになった。そのためEXTRA STAGEGOOD判定を出してもライフが減らなくなっている。

筐体の種類

「Dance Dance Revolution」のゲーム機筐体には現在大きく分けて4つ存在する。

パフォーマンス

音ゲーに対するDDRの大きな特徴は、パフォーマンスプレイの多さである。本ゲームでは、定された矢印と関係ない他のパネルを踏んでもミスにならないため、ステップのアレンジ自由自在。回転したり、譜面を覚えて背面プレイ(画面を背にギャラリー側を向く)をしたり、本格的なストリートダンスのステップをDDR上で実現したり、クリア時のロースコアを競い合ったり(上記の5種類のタイミング判定のうち、中間の「GOOD」は得点が入らない一方ゲージも減らないため、理論上0点でクリアすることが可、なお最新作においてはGOODでも点数が入るため0点クリア不可能となった)、果てはコスプレ楽器演奏と、プレイの幅はプレイヤーの想像に応じて広がっていく。

このシステムにより、DDRはただ示通りにパネルを踏むだけという単なる音ゲーえて、ステージの上で何ができるかを考え、ギャラリーの前で自らのアイディアを披露するゲームへと進化を果たした。ブーム最盛期は、大きなゲーセンではスコア大会と同様にパフォーマンスの大会も定期的に開かれ、多くのパフォーマーが、1曲1分30~40という時間に考え抜いたネタを詰め込み、パフォーマンスの腕を競い合った。中にはPlayStation版に実装されたEDITモード活用してパフォーマンスのためのオリジナル足譜を作った者も居り、中でも「LITTLE BITCH」のDPモードを使用して、延々と「2P右・2p左・1P右・1P左」(後半は8分で2P上・1P下を追加)と矢印を配置し数人~十数人で筐体の周りを百度参りのようにぐるぐる回るパフォーマンスについては開発者のもが想像できなかったものであったと言えよう。

DDRブームの沈静化と時を同じくして、パフォーマンスも徐々に下火になっていったが、今もステップアレンジ自由度がDDRの面さの一つであることに変わりはない。ニコニコ動画YouTube(英語では「freestyle」で検索)でも、麗なプレイが多数投稿されており、年に数度か有志によるパフォーマンスの大会も開催されている。

アーケードシリーズ一覧

他にも通常の上下左右矢印ネル左上矢印右上矢印ネルを追加した1人用の「Dance Dance Revolution Solo」や10パネルを使った「Dance Dance Revolution」×「pop'n music」の「pop'n stage」というものがアーケードに登場した。

最新作「Dance Dance Revolution A3」

2022年6月22日より筐体にて先行稼働開始。旧筐体でのバージョンアップ稼働は同年7月24日からとなる。DDR2013以降、約3年周期での新作稼働体制となったシリーズとしては(A20 PLUSをA20として一括りにすると)4作で、Soloなどを除く正規ナンバリングとしては17作筐体ではロゴ+、それ以外の筐体では+の配色となっており、上記にもあるように筐体ごとに受けられる恩赦が異なる。なお、今作はA20 PLUSとA3間の先行稼働期間中のデータ連動が行われず、またデータ引き継ぎも1回限りとなっているほか、全エリア筐体のそれぞれに保存されていたスコアリセットとなった。

A3では、新たに選曲画面で「SPとDPの切り替え機」が追加された。1人プレー時にテンキーの3を押すことでSPとDPを切り替えることができる。beatmaniaⅡDXにはすでに搭載され今では当たり前にある機ではあるが、今作で実に8年越しとなる実装となった。これによりSPとDPが常に同じ料で遊べるようになった。また、今作では筐体優遇の体制がより強くなり、これまでは同時収録だったEXTRA SAVIOR楽曲も今作では筐体で1週間先行で収録されるようになったほか、後述するGOLDEN LEAGUE楽曲から通常楽曲に引き下げられる楽曲に追加されるCHALLENGE譜面筐体で1週間先行収録されている。

定期筐体限定の全員参加イベントGOLDEN LEAGUE」は今作でも「GOLDEN LEAGUE A3」として開催。。前シーズン(A20 PLUSまで)では期間中に稼いだEX SCOREの累計を同一リーグ内のプレイヤーで競う方式だったが、今シーズンより集計方式が変更され、EX SCOREに加えて通常スコア100万点満点)から1000を割った数値も加算対に加わり、EXと通常スコア1000分の1の数値を足した合計がそのままLEAGUEスコアとして加算されるようになる。シーズン同様、上位成績を残した一定人数が昇降格し、下位成績になってしまった場合は降格となる。階級はBRONZE⇒SILVER⇒GOLDの3段階。上位リーグにいると楽曲の先行プレイができる特典がある。BRONZE以上にいる場合はBRONZEクラスの先行プレー曲を筐体以外でもプレーできるようになった他、一定以上のスコアを出すことで、開催ごとに発表される新しい特典をリーグ終了前から先行して遊べる「アドバンスボーダー」が追加された。シーズンに続き、段位認定の九段以上は上位リーグの在籍が挑戦条件になっている。なお、前シーズンで特典とされた楽曲は順次通常選曲が可になるが、同時にCHALLENGE譜面が追加されるようになっている。

収録楽曲においては特に版権曲にが入っており、UNDERTALEの代表曲「MEGALOVANIA」がBEMANI初収録、さらには16年越しにパロディをした本家再現を成し遂げた「患部で止まってすぐ溶ける~狂気の優曇華院」、さらには近代ボカロ曲の代表曲の1つ「KING」も収録され、洋楽ではDDRがきっかけで音楽を始めたポーター・ロビンソン氏の楽曲が追加されるなど、かなりが入っている。オリジナル楽曲では、ボルテでの活躍が多いBlackYnora2rを始め、ⅡDXでもおなじみとなったYuta Imaiといった普段は他機種での活躍が多いサウンドクリエイターの初書き下ろし楽曲が続々収録され、とくにPHQUASEYvyaはこれまで連動楽曲で入ってきた楽曲だけだったが、今作で初書き下ろし楽曲が提供された。

また、譜面においても前作とくらべてもにならないレベルとなっている。例えば、MEGALOVANIAに関しては本来CHALLENGEだけの要素であった「ショックアロー」がDIFFICULTから登場したり、一部版権曲にCHALLENGE譜面が追加されたり、先述の通りゴールデンリーグから通常選曲が可になった楽曲により強CHALLENGE譜面が追加されたりと、コナミが行うe-SportsプロリーグBEMANI PRO LEAGUE SEASON2」に向けている。

家庭用とのリンク機能

DDRXで復活したEDITデータ(自作脚譜)でのプレイは現段階では使用不可だったが、2013年6月12日アップデート復活した。X筐体・旧筐体にあるUSB端子からの読み込みに対応し、USBメモリからプレーしてクリアしたEDITデータは、筐体および自分のe-AMUSEMENT PASSに登録可となった。

AではEDIT自体が一旦止となっており、現在展開しているコナステスマホアプリなどでのEDIT復活めるは多い。

一方で連動イベントいちかのBEMANI投票選抜戦2019」で約として「EDIT復活できるようがんばります!」と掲げているが、2022年12月現在その実現には至っていない。

なお、PCで遊べるコナステDDRことDance Dance Revolution GRAND PRIXDDR GP)ではEDITはないが、AC連動としてGPの楽曲パック(DLC)の購入特典として楽曲パックに入ってる楽曲の中から一部楽曲が先行して遊べるようになっている。なお、この先行プレー権はACとGP両方のデータが存在する上で額定額コースに加入してプレーをしていることと対パックを購入してあるが条件となる。

楽曲「Dance Dance Revolution」

アーティスト DDR ALL STARS
BPM 150
譜面難易度 BEGINNER BASIC DIFFICULT EXPERT CHALLENGE
シングル
(SP)
5 6 8 12 12
ダブル
(DP)
- 6 8 12 11

アーケード版第8作DDR EXTREMEにはONE MORE EXTRA STAGE専用曲(のちに通常選曲解禁)として、ゲームと同名の「Dance Dance Revolution」という曲が収録されている。中身はゲーム1st2ndOPムービー使用曲のリミックスで、アーティスト名は「DDR ALL STARS」となっている。この楽曲の譜面は、歴代コナミオリジナル曲からいくつかの譜面から数小節を抜して構成されている。ちなみに北米版DDRX2ではFINAL専用曲として再収録、DDR2013ではtriple journey期間中に専用ムービー復活された。

曲名 Dance Dance Revolution(X-Special)
アーティスト DDR ALL STARS
BPM 150
譜面難易度 BEGINNER BASIC DIFFICULT EXPERT CHALLENGE
シングル
(SP)
- - - - 13
ダブル
(DP)
- - - - 13

AC DDRXでは(X-Special)として新譜面を引っさげて再び登場。条件はEXTRA STAGEEXTREME当時のEXTRA曲であったThe legend of MAXのX-SpecialAA上クリアというものであったため、かなり厳しかった。
こちらはX2のReplicant D-Action黒色ステージに上記のムービーが映しだされるようになっている。

DDR MEGAMIX

AC版「pop'n music 10」に収録されたDDRメドレージャンル名は「DDR」。
後にDanceDanceRevolution AでDDRにも移植された。

「DDR MEGAMIX」の個別ページ

関連用語

DanceDanceRevolutionの用語一覧

関連動画

DDR関連の動画は大きく「プレイ動画」「EDIT(自作脚譜)」「MAD」等に分類される。

プレイ動画

EDIT

MAD

 

その他

レベル別メドレー

商品

関連ミュニティ

関連項目

人物

主な楽曲

リンク

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/03(日) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/03(日) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP