中曽根康弘 単語

64件

ナカソネヤスヒロ

1.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
人物
中曽根康弘
基本情報
生年 1918年5月27日
生誕地 日本群馬県高崎市
2019年11月29日
出身地 日本群馬県高崎市
日本
本名 中曽根 康弘(なかそね やすひろ)
別名 --
職業・肩書 政治家
備考・その他
人物テンプレートボックス

中曽根 康弘(なかそねやすひろ、1918年5月27日 - 2019年11月29日)とは、日本政治家内閣総理大臣を務めた。

概要

1918年に群馬県高崎市で生まれる。旧制高崎中学、旧制静岡高校東京帝国大学卒業後、内務省に入省。
戦時中は海軍に在籍したが、内務省に復帰。
内務省を退職したのち、1947年の第23回衆議院議員総選挙に立補し初当選をする。

1959年科学技術庁長官として初入閣。運輸大臣や防衛長官を務めた後、1982年に第71代内閣総理大臣に就任する。総理大臣任期中にはプラザ合意での円高容認、いわゆる「ロンヤス外交」による日同盟の強化、
そして日本専売公社日本電信電話公社日本国有鉄道の三社民営化があった。
また、総理在任期間中にマルチ商法ジャパンライフによる献を受けている。


1986年の衆参同日選では「民が反対し、党員も反対するような大間接税をやる考えはない。この顔がうそをつく顔に見えますか」と宣言し、大勝。
しかし、翌1987年に売上税法案を提出したことで民の反発を招き、案に追い込まれ退した。
なお、1986年選挙では統一教会教祖、文鮮明は60億円以上を投じたと述べている他、教団政治団体際勝共連合」の機関「思想新聞」が「勝共推進議員が130当選」と報じている。

1989年にはリクルート事件で離党したがわずか2年後1991年に復党した。
1992年には特例で入許可された文鮮明と会談を行っている。
2003年に政界引退

政界引退後も、2006年統一教会下、天宙平和連合日本大会に祝電を送るなど衰え知らずの活動を見せており、2018年には首相経験者としては東久邇宮稔王についで2人100歳を迎えた。
そして2019年11月29日、老衰により101年の生涯を閉じた。

歴任役職

  • 第7代,第25代 科学技術庁長官
  • 第38代 運輸大臣
  • 第25代 防衛庁長官
  • 第34代,第35代 通商産業大臣
  • 第45代 行政管理庁長官
  • 第71代,第72代,第73代 内閣総理大臣

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

第70代 第71代,第72代,第73代 第74代
鈴木善幸(自由民主党
  1980~1982
中曽根康弘(自由民主党
1982~1987
竹下登自由民主党
1987~1989
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP