亡霊(逆転裁判5)単語

ボウレイ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(98)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

 

 

ネタバレ注意本項ネタバレ注意

 

 

亡霊とは、逆転裁判5に登場する人物である。

概要

番刑事

 

夕神迅が長年追いかけていた亡霊の正体であり、夕が投されながらも検事の立場で彼を追いかけていた。

スパイではあるが、作中では「亡霊」の通称で呼ばれている。
真理が殺され、面をかぶり背後から夕に襲い掛かったのが彼である。

彼の姿は事実上、「番轟三」であり、御剣検事が番を調べた結果、なんと番刑事は1年前に死亡していたことが判明した。
ニセモノに芝居を打たれ、昂した夕人席にいた番を切りつける。番轟三の顔マスクが切れてしまい、彼がマスクを剥がすと、次々と本作に登場した人物のマスクが現れた。

常に他人になりすましているため自己を持たず、夕や本人によると、「本当の素顔は自分でも分かっていない」らしい。

スパイと言う立場上、感情を持ち合わせず、自由自在に感情を動かし、「ココロスコープ」を翻弄させた。
そのほか、2話で靴を兵衛に盗まれ、本人は気づかないフリをしたり、御剣からも「ノーテンキ」と言われたり、彼の演技は本物だった。となると、成歩堂サイコ・ロックすら欺いた可性がある(しかも錠は2つ)。
刑事の立場も利用し、心音紋が付いていたというライターをねつ造し、希月心音拘束した。
このライターは実は10口径の小であった。

他にも複数のスパイグッズを所有(本人は潜入捜官のアイテムと銘打っている)し、
爆破された瓦礫をワイヤーで伝い法廷から逃げ出そうとする、ハッキング操作で、ココロノイズをおかしくするなど、一回ずつだがその技を披露した。

感情や心理についての審理は「駄な物」と周囲の疑惑の心音に聞かせたが、
裁判長は心音のチカラを信じており、感情の言をフォローした。

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/31(土) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/31(土) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP