千代の富士 単語

55件

チヨノフジ

1.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

千代の富士貢(ちよのふじ みつぐ)は、元大相撲力士、第58代横綱。逝去時は年寄九重、日本相撲協会理事であった。

本名は秋元貢(あきもとみつぐ)、称は「ウルフ」。

概要

1970年9月初土俵。1975年9月場所新入幕。1981年7月場所横綱昇進。

速攻、快な投げで見せる圧倒的な強さと、183cm126kgの小柄でワイルドマスクから民的熱狂を呼んだ(ウルフフィーバー)。

1984年には成績がやや低迷し、一時限界説も流れたが、1985年1月は全勝優勝スタート。30歳を迎えてから本当の黄金期がおとずれる。1986年5月から1987年1月まで5連覇を達成。1988年5月から11月まで53連勝を達成。同年11月千秋楽大乃国に敗れ連勝がストップした取り組みが昭和最後の一番となった。これは2010年白鵬に破られるまで20年以上戦後最高の記録であった。

1989年9月場所には通算勝ちの新記録を達成し、相撲界初となる国民栄誉賞を贈られた。同時に一代年寄が承認されたが辞退(もともと師匠と九重を継承する話がついていたため)。同年3回の優勝を果たすが、ここから緩やかにが衰えていき1990年11月優勝が最後の優勝となる。

1991年1月は4日から休場、翌3月は全休。5月に進退をかけて臨むが初日18歳の新鋭花田(後の横綱貴乃花)に敗れ、4日に同部屋貴闘力に敗れた一番を最後に現役を引退引退会見の「体力限界! 気力くなり…引退することとなりました」という台詞は有名。

引退直後にはしを締めて後輩達に稽古をつけていたが、その稽古内容のあまりの充実ぶりに師匠北の富士)は「現役以上じゃないか、引退させるのはかったな」とったという。

幕内優勝31回は史上2位、53連勝は史上5位、通算1045勝は史上2位横綱在位59場所。双葉山大鵬北の湖などと並ぶ昭和の大横綱の一人に数えられる。引退後は当初は幕を襲名[1]部屋付き方に、1年後に師匠と名跡交換して九重方となり大関千代大海などを育てた[2]

次女・秋元梢現在モデルとして活躍している。

2016年7月31日、膵臓がんの為東京都内の病院で死去。享年61歳。九重の名跡は子の千代大海が襲名した。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *日本相撲協会からは成績が優秀であったために一代年寄となることを全会一致で承認されていたのだが、九重部屋を継承することが決まっていたために幕を襲名したという経緯がある。
  2. *なお、部屋を継承した後に部屋付き方だった八(元・北勝海)が独立して八部屋を創設した際に、所属力士部屋付き方だけでなく施設も引き継ぐことになったため、九重部屋は千代の富士の代で全に歴史が切り替わっている。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/20(土) 17:00

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP