同音異義語 単語

15件

ドウオンイギゴ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

同音異義語とは、「期間」「帰還」「気管」などのように、よみがなが同じであるが意味の異なる言葉のことである。

概要

同音異義語は山のように存在し、具体例をどんどん挙げていくと記事が国語辞典のようになってしまうので羅列は避けるが、特徴的な例をいくつか挙げる。

また、日本語に限らず英語など様々な言に同音異義語は存在する。ただし英語に関しては同音異義語というより単に複数の用例がある場合が多い。

更に、日本語のよみと外来語のカナ書きが(ほぼ)一致するパターンも存在する。

こうした同音異義語は単に面倒なだけというわけでもなく、これらを使った言葉遊びの類も一般的である。例えば勝負事などの前に「勝つ」にかけて「カツ丼」を食べたり、お賽銭に「ご縁」がありますようにと「5円」を入れるなども同音異義語による言葉遊びと言える。

また、誤変換から発展してある種の隠語として同音異義語が使われるようになることもあり、特にいわゆる「インターネット」の類に多い。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 1 ななしのよっしん

    2021/09/16(木) 14:23:59 ID: DVOdIcCz2R

    日本語同音異義語が多いのは明治期に海外の言葉を翻訳するときに漢語を使ったから
    漢字を繋げればだいたいの意味が表現できるしどんどんつなげていって長い単を作ることも容易
    しかし漢字を見れば意味が分かる利便性の代わりに音を聞いただけでは意味がわからないという欠点ができたしそもそも漢語も本来は外来語である
    の単をそのまま流用してルー語になるよりかはマシと思うがいい悪いの話ではないので納得して使い続けるしかあるまい

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 2 ななしのよっしん

    2021/10/02(土) 08:35:33 ID: R9XOyce7ry

    漢字見れば違いが分かるということに甘えているから同音異義語が量産されるのはあるだろうな

  • 👍
    0
    👎
    0
  • 3 ななしのよっしん

    2024/05/12(日) 20:53:28 ID: cqwAWuSFr8

    同音異義語が多い理由に日本語の音素の少なさが挙げられるが古代日本ではもう少し音素は多かった
    また音数と関係なく現代では同じ『コウショウ』に対しても旧仮名使いでは『コウシヨウ』『カウセフ』『カフシヤウ』『クワウシヤウ』など読み分けが複数あった
    外国語由来や他地域発祥などで偶然同音になっても話していて使いにくければ音を変えたり別に置き換わったり接辞や熟で区別して淘汰されそうな物だが、むしろ区別を減らす変化が起きている

    日本語は同じ漢字でも音読み訓読みが出来るので、漢語の『シリツ』で分からなくても『イチリツ』や『ワタクシリツ』と説明したり、大和言葉の『トブ』に対しても『ヒコウのトブ』や『ハネルのトブ』と説明できる
    一つの単に発しない複数の音が常に伴って認識される事で区別が発生しているとも言えるのではなかろうか

  • 👍
    0
    👎
    0

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/20(土) 05:00

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP