今注目のニュース
京アニ募金「可能な限り最も直接的で意味のある援助を」 海外発のクラウドファンディングが2億円を超える
許せない、、幕張メッセで行われた「ジャンプ」のイベントで撮影された少年達のひどすぎる行為が拡散され炎上!
猫アレルギーの「遊☆戯☆王」声優・津田健次郎が“猫の愛で方”を思い出す

大和言葉単語

ヤマトコトバ

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

大和言葉とは、文献以前から伝わる漢語外来語を除いた日本語固有のである。和、倭とも。

概要

古くは、和歌の意味で「やまとのことのは」とも言われたが、現在漢語やそれをもととする和製漢語外来語と相でないを区別するために使われる。また、だけでなく古代日本で話されていた言そのものをす場合もある。

大和言葉の特徴として、

  • 音節はCV(単子音と単音)で構成される。音のみの場合もあるが、その場合頭にしか音のみの音節は立たない。
    • そのため、同じの中に二重音、二つ以上の子音が並ばない。
    • 古代においては、音が頭に来るが複合の後ろとなった場合、音連続を避けるため、音が短音となる。場合によっては、子音がはさまれる。(例)わぎも()<「わが」「いも」、はるさめ(春雨)<「はる」、「あめ」
  • 頭にラ行音が立たない。これは朝鮮語モンゴル語トゥルク諸といったアルタイとの共通点である。
    • の「らうたし」「らうがはし」は漢語由来とされる。
    • 方言の一種、「らぶか」があるが、これは「えらぶか」の変化したと思われる。
    • ラッコ」はアイヌ語由来。他に、北海道の地名の一部にも頭にラ行が立つものがあるが全てアイヌ語由来である。
  • 頭に濁音、半濁音が立つが限られている。
    • 強調や、負の意味がついて頭が濁音となる。「ずるい(<する)」、「ぶつ(<うつ)」など。
    • 他のから意味を変える際、濁音化したもの。「ちち()」、「はは()」からの転である「じじ(爺)」、「ばば(婆)」等。
    • 本来頭になかったが、歴史的変化によって、頭に濁音が現れたもの。古代にさかのぼると「ば(場)」、「じ(路、旧かな遣いではぢ)」、「ばら(薔薇)」、「だく(抱く)」等のは本来、「には」、「みち」、「いばら、うばら、むばら」、「いだく」といった濁音が頭に立たないである。
    • 助詞「が」、「ば」などは常に前に単がある
    • 上記の系統のものを除くと、本来、大和言葉の頭に濁音、半濁音があるものは「ビュービュー」、「ピカピカ」といったオノマトペになる。

があげられる。

周辺言語との関連

古代朝鮮語

地理的に一番近く、また、古代文字資料のい時代から交流があったことはわかってはいるが、明確に朝鮮語日本語が同あるいは強い関連があるかどうかははっきりしていない。

確かに、音韻体系として頭にラ行音が立たないことや、文法構造としてSOV順(、述順)で、修飾の順序がAN(形容詞、名詞順)であるという共通点があるが、言論からすれば決定的な共通点ではない。むしろ、この形は世界の言の多くの割合を占める。他にも文法は著しい一致を見せるが言連合としても考えられる範疇である。

音節は大和言葉は全な開音節なのに対し、朝鮮語はきわめて典的な閉音節である。

共通と見える彙は古代にあっても数十あるが、それも漢語すなわち文献以前からも中国語の影と思われるものがあり、それを除けばいくつかの借用(カササギ、寺)はあったようだが、それ以上の関係は現在知られておらず、そもそも較となるべき古代朝鮮語(、新羅、高句麗)が再建をされていない。さらにこれら古代朝鮮で話されていた言と、現代朝鮮語あるいは資料によってさかのぼれる中期朝鮮語との関連すらもはっきりしていないため朝鮮語と大和言葉の関連は較的近い地域にある二つの言である以上に意味はい(古代日本の影を多分に受けた伽耶諸や任那で話された言葉が日本語との関連がある可性があるが、それは日本語方言が伽耶や任那で話されたというだけで朝鮮語日本語の関連を示すものではない)。

むしろ、現代朝鮮語のほうが中期朝鮮語あるいは古代朝鮮語より(大な漢語和製漢語のせいで)日本語に近いと思われる。

琉球語

朝鮮語とは対照的に、はっきりとした音韻対応が確認されており、琉球語と大和言葉が同であることはほぼ確実である。琉球語には大和言葉ではれたかほとんど使われていないようなもあり、これらからさらに古い言(日本)の再建も期待される。

古代中国語

文化的に古代日本に多大な影を与えた中国であるが、言も一定の影与えている。一般に大和言葉と考えられるうま()、うめ()は、中国語古音「mma」、「mme」が日本語の音韻体系に合うよう変化したものであると明らかにされている。その他、「きぬ()」、「くに()」、「ふみ(文)」、「かね()」など、大和言葉として扱われる言葉も中国語由来であると考えられるが多くある。

アイヌ語あるいは蝦夷の話していた言葉

地理的に近い、アイヌ語であるが、日本語との関連は余り見出せない。「カムイ(<かみ(大和言葉)」などの日本語からの借用が多少アイヌ語にある程度である。但し、「四」、「渋谷」など関東圏で見られるを「や」、「やつ」と読む地名はアイヌ語由来である可性がある。

関連商品

大和言葉に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

大和言葉に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2016/06/12(日) 16:12:49 ID: qX/cMGJtXb

    信じるとか何とか普段から振り回してる、いい加減信じるって概念を大和言葉で何というのか説明してくれないか?

  • 2ななしのよっしん

    2016/10/15(土) 23:10:11 ID: uvTIYIJX36

    おっ大丈夫大丈夫

  • 3ななしのよっしん

    2016/11/11(金) 13:17:20 ID: Lcg0Ihv66U

    「しんずる」も和だと思うが中世ぐらいからの言葉みたいなんで、より古い和にするとしたら「たのむ」あたりかなあ

急上昇ワード

最終更新:2019/07/22(月) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/22(月) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP