役不足単語

ヤクブソク

  • 11
  • 0
掲示板をみる(320)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(11)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

役不足」とは、議論の種である。

用法1

「役不足」というの正しい用例は以下の通りである。

この仕事は簡単すぎて、あなたには役不足かもしれませんが、どうか一つお願いします。

これは役者にたいして「あなたのようなすばらしい役者にこんな小さな役を演じさせて申し訳ない」という例がとされている。「人」に対して、「役」の方が不足している、という意味である。

しかし、近年ではこの用法は誤用により少なくなってきている。

用法2

最近増えてきた使われ方は以下のようなものである。残念なことに一般に広く浸透してきており、本項でも用法2と題してあるがれっきとした誤用である。

「てめーだけじゃ役不足だ」

スラムダンク13巻 58ページ

このように、「役不足」の「役」が、「役者」の「役」の意味に使われており、「役」に対して「人」のが不足しているという意味になっている。「役不足」のす対も、「仕事」から「人」に変わっており、結果的に意味が正反対になっている。「不足」からの類推でこの用法が広まったという説もある。

この用法は広辞苑などの名だたる辞典には載っておらず、その意味ではこの用法は「誤り」である。
この場合は「不足」を用いるべきである。 

しかし、文化庁の調によれば近年は誤用である用法2の方を用いる人が本来の意味(用法1)を用いる人よりもわずかに上回っているという。(そのことはデジタル大辞泉にも記載されているexit)言葉は変化するものであるから、いずれこの用法が流になる可性も高い。とはいえ少なくとも現時点では誤用と見なされている以上、の場や文章ではこの用法を使うべきではないだろう。

用法3

見た限りでは誤用ではあるが、あえて婉曲的な言い方をしているだけで、正しい意味で言っていると解釈できるケースがある。

お前では役不足だがな」
※用法2との対でわざと似たような文章を記載している。

これは普通に考えれば「お前ではを倒せない」的な意味で相手側に役不足と言っているように見えるが、視点を変えると「お前如きにわざわざが出向くなんて」的な意味で自分側に言っていると考えることが出来る。

社長とお会いするなんて、私では役不足では」

これも誤用のように見えるが「社長が私に会いに来るなんて、社長がするような役ではない」と言っているように考えることが出来る。

このように用法3を考慮して世の中の誤用とされる役不足を見ると(状況や文脈によって変わるが)誤用ではいという例がいくつか出てくる。掲示板でもその話題がたびたび登場している。

その為、誤用のような役不足が登場したら、それは誤用なのか、遠回しながら意味は通じるのかを、見極める事がめられる。正直、ここまで考えて役不足を使う例はかなり少ないと思うが。
なお、この場合はより的確な言葉として「分不相応」で十分な場合が多い。

補足

忘れてはならないのは、言葉というのものは、有史以来、常に変動を続けているという事実である。

例えば、「歩けば棒に当たる」というがある。

こののもともとの意味は、「物事を行うと、思わぬ災いに遭うこともある」と言う意味であった。しかし、現在は、「やってみると思わぬ幸運に遭うこともある」という解釈が広まり、辞典には両方記載してある。

結局このは、「が棒に当たるのが災いなのか幸福なのか」が時代によって解釈が変わっている。従って現在、「このどちらかの用方が絶対誤っている(正しい)」というに説得いのは明らかだろう。

意外かもしれないが、日本語には逆の意味に変化した言葉も結構ある。「とても」という言葉も、本来は「とても~ない」と後ろに否定的な句を繋げるものだったが、現代日本語では肯定的な句をつなげても構わない。(もちろん辞書にも掲載されている)ほかにも、古まで遡ると現代と意味が逆になっているものも多々ある。

「役不足」も将来的には"意味が(正式に)逆転した言葉"の仲間入りを果たすかもしれない。

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 318ななしのよっしん

    2020/09/13(日) 09:54:35 ID: LnMGZ2kn7J

    役不足の誤用は最近ではなく100年前からある上に
    初出と思しき小説作者が誤用もしているんだから
    正しい意味というものがあるのかそもそも怪しい

  • 319ななしのよっしん

    2020/09/24(木) 13:36:31 ID: AKv1gNOQrv

    そもそもトリビアの泉が「役不足は褒め言葉」とか言い出したからおかしくなった
    役不足役者に対して言う言葉じゃなく、役に対して言う言葉
    その役に対して不足していると下げる言葉であり、役者側を持ち上げる言葉じゃない
    相手に対して「お前じゃ役不足」というのは相手を役に見立ててて下げている挑発のセリフとしておかしくないはずではないだろうか

  • 320ななしのよっしん

    2020/09/25(金) 05:51:04 ID: waiALC6SPt

    役者に対して役が足りてない状態」って、なかなか使い辛いんだよな。
    そもそも役って、どんな端役であっても、基本的に上手ければ上手い程良いはずだし、相当非常識な配役をしない限り「役者に対して役が足りてない」って発言そのものの使いどころがない。
    役に大根、端役にベテラン」みたいな状態でも、結局は「役に対して役者量が足りてない」事が問題になるんだよな。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/12/01(火) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2020/12/01(火) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP