今注目のニュース
先住猫の亡き後、その愛らしいクセは後輩猫たちにしっかりと引き継がれていた
森田県知事の“私的視察”、舛添氏が千葉県庁の主張を問題視「知事の所在不明はあり得ない」
よゐこ濱口の“男前な口説き方”、加藤浩次が絶賛

清酒銀盤単語

セイシュギンバン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

清酒銀盤とは、(昭和60年環境庁選定)日本の名選に選定されている黒部川扇状地湧群を利用して、
蔵元:株式会社で作られた日本酒である。

概要

富山県の東部では有名なお酒である。名前の由来は、近くにある温泉スキー場にて、原に朝日が当たり、く様子を銘名したのこと。
清酒銀盤とは、造のブランド名である。造とは、富山県で生産石数第2位を誇る蔵元である。
総鑑評会賞を通産で23回受賞しており、平成元年度(1989年)から12年連続受賞している。
平成20年度の全鑑評会では、
山田錦単独または、併用割合50%を越えて製造された吟醸の第2部では入賞に留まったものの
山田錦以外または、山田錦の併用割合50%以下で製造された吟醸の第1部では、見事賞を獲得した。

ブランドは、ほぼ全ての銘柄において、辛口に分類され日本酒度は、+3.0~6.0となる。(やや辛口~大辛口)
アルコール度数は、15度以上16度未満のかなり高めである。原料は、山田錦が体である。

富山県で作られるお酒は、地帯である北陸ならではの、辛口が流であり、
他の蔵元である、富山県1の大蔵元(北陸でも1位2位を争う大蔵元)立山株式会社清酒立山』や、
株式会社の『幻の』、株式会社枡田造店の『満寿』等が有名であるが、どれも辛口である。

以下、個人的飲み会より

富山県みの通には、清酒立山』よりも辛味の強い清酒盤』が好まれる。
また、同じ北陸であり隣の県の石川県民に言わせると、「富山は、辛くて飲めない」と言われ、
富山県民は「石川は甘すぎる」との意見だが口当たりの問題(甘辛度)であって、アルコール度数の違いは少ない。

関連動画

(予定地)

20歳になってから


↓今年の賞受賞品

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/12(火) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/12(火) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP