単語

  • 2
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

とは、以下のことを表す。

人名

日本中国語圏の人名である。

宇(ラマーズPの楽曲)

defaultをはじめ、soft、sweetのアペンドを使っている。曲名が名状しがたい。

関連動画

漢字として

Unicode
U+5B87
JIS X 0213
1-17-7
部首
画数
6画
音読み(常用)
訓読み(常用)
-
意味
軒下、屋根、大きい、大きい、、覆い蔽す、四方上下、宇宙、うつわ、器量、局部、という意味がある。
説文解字七〕には「屋なり」「易にく上に棟あり下に宇ありと」とある。
字形
符はに大きく曲がるニュアンスがある。
音訓
音読みはウ(音、音)、訓読みは、のき、おおきい。名のりに、いえ・たか、などがある。
規格・区分
常用漢字であり、小学校6年で習う教育漢字である。JIS X 0213第一準。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。
宇下・宇内・宇宙

異体字

Unicode
U+3762
JIS X 0213
2-8-5
部首
画数
12画
Unicode
U+3870
部首
广
画数
6画
𢉠
Unicode
U+22260
部首
广
画数
12画
𠨯
Unicode
U+206F0
部首
画数
5画
Unicode
U+3651
部首
土部
画数
12画
𡧈
Unicode
U+219C8
部首
画数
6画
𡧈
Unicode
U+2F86C
部首
画数
6画
Unicode
U+7A7B
部首
画数
8画
𡧃
Unicode
U+219C3
JIS X 0213
2-5-94
部首
画数
6画
  • 㝢は、〔説文〕に「籒文の宇、禹にふ」とある籀文。JIS X 0213第四準。
  • 㡰は、〔玉篇〕にある籀文。
  • 𢉠は、〔玉篇〕にある籀文。
  • 𠨯は、〔字彙補〕に「廊宇の宇字と同じなり」とある異体字。
  • 㙑は、〔正字通〕に宇と同じとある異体字。鐘文に見えるという。
  • 𡧈は、〔篇類編〕に宇と同じとある異体字。
  • 穻は、〔字彙補〕や〔説文〕の注にある古文。〔字彙補〕によれば孔耽碑に見えるという。
  • 𡧃は、異体字。JIS X 0213に宇の異体とある。JIS X 0213第四準。

互換文字

  • 𡧈は、𡧈とUnicodeにおいて互換とされる文字

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/28(水) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/28(水) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP