今注目のニュース
海外サッカーファン小柳ルミ子のガチ「toto」予想結果が凄すぎ!? 「toto」の種類から買い方までの永久保存版レクチャーもあり!
吉田沙保里、念願のハワイでサーフィン 上達の早さに「身体能力すごすぎ」「苦手なことないのかな」と驚く声
仮面ライダーエグゼイドの最強パワーアップ形態といえる「仮面ライダーエグゼイド ムテキゲーマー」が満を持してS.H.Figuartsに登場!

糸魚川-静岡構造線単語

イトイガワーシズオカコウゾウセン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

糸魚川-静岡構造線とは、新潟県糸魚川市から静岡県静岡市駿河区までを縦貫する構造線(地質が大きく異なる界)である。糸静線と略される場合もある。

概要

糸魚川-静岡構造線はフォッサマグナと呼ばれる大きな溝の西縁を担っており、東縁を柏崎-千葉構造線が担っている。なので、糸魚川-静岡構造線は線であり、フォッサマグナは面である。
もともと日本列島は北東-南西に直線的な地形であったが、南海トラフ日本海溝と、向きの異なる二つの大きなプレート沈み込み帯の押すにより、現在関東付近はっ二つに折られ大きな溝を作る形となった。そのっ二つに折られる際に誕生したのがフォッサマグナであり、その西縁が糸魚川-静岡構造線である。因みにその溝は一旦は全にになり日本海太平洋を繋いだものの、太平洋プレートによる火山山体の形成や火山噴出物などにより埋まった(これが関東平野や越後平野などである)。また、関東山地や丹沢山地はフォッサマグナ内に位置しているが、これはフォッサマグナの応が、フィリピンプレート上の伊豆半島本州への衝突によって引から圧縮に転じた際できたものとされている。
糸魚川-静岡構造線は北アメリカプレートとユーラシアプレートの界線とも考えられており、特に長野県山梨県の部分の断層は日本の内陸では屈に活発であるとされている。また、糸魚川-静岡構造線の北側は日本海東縁変動帯につながっているとも考えらている。 

糸魚川-静岡構造線断層帯

糸魚川-静岡構造線断層帯は長野県北部から山梨県西部までを結ぶ全長150km程度の活断層である。に、北部、中部南部と分けられており、この項ではその詳細を記述する。(以下は産業総合研究所 活断層データベースなどより引用。)

糸魚川-静岡構造線断層帯北部

神城断層

  • 一般走向:N 10°W
  • 一般傾斜:45°E
  • 長さ:64km
  • 断層:東側起の逆断層
  • 均変位速度:3.7m前後/千年
  • 単位変位量:6.4m
  • 均活動間隔:1700年
  • 前回活動:762年または845年と推測
  • 地震後経過率:0.60
  • 将来活動確率(BPT分布):0.7%/30年内
  • 備考:南へ行くほど一般傾斜が高くなる。また、北から活動が停止してきている。

糸魚川-静岡構造線断層帯中部

牛伏寺断層

茅野断層

  • 一般走向:N 40°W
  • 一般傾斜:90°V
  • 長さ:36km
  • 断層:左横ずれ断層
  • 均変位速度:3.5m前後/千年
  • 単位変位量:4.2m
  • 均活動間隔:1200年
  • 前回活動:762年または845年と推測
  • 地震後経過率:0.97
  • 将来活動確率(BPT分布):8%/30年内

糸魚川-静岡構造線断層帯南部

白州断層

  • 一般走向:N 20°W
  • 一般傾斜:45°
  • 長さ:17km
  • 断層:西側起の逆断層
  • 均変位速度:0.6m前後/千年
  • 単位変位量:3.4m
  • 均活動間隔:5600年
  • 前回活動:-577~227
  • 地震後経過率:0.39
  • 将来活動確率(BPT分布):ほぼ0%/30年内
  • 備考:北へ行くほど一般傾斜が高くなる。

下円井断層

  • 一般走向:N 20°W
  • 一般傾斜:30°W
  • 長さ:15km
  • 断層:西側起の逆断層
  • 均変位速度:0.3m前後/千年
  • 単位変位量:1.9m
  • 均活動間隔:6300年
  • 前回活動:-448年~517年
  • 地震後経過率:0.31
  • 将来活動確率(BPT分布):ほぼ0%/30年内

市之瀬断層

  • 一般走向:N 10°W
  • 一般傾斜:30°W
  • 長さ:13km
  • 断層:西側起の逆断層
  • 均変位速度:3.1m前後/千年
  • 単位変位量:8.7m
  • 均活動間隔:2900年
  • 前回活動:784年~947年
  • 地震後経過率:0.40
  • 将来活動確率(BPT分布):ほぼ0%/30年内
  • 備考:単位変位量が日本の内陸の活断層で二位。

想定(糸魚川-静岡構造線断層帯北部・中部が活動した場合)

関連動画

糸魚川-静岡構造線に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

糸魚川-静岡構造線に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

糸魚川-静岡構造線に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/12/16(月) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/16(月) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP