今注目のニュース
ダルビッシュ「宮迫さん引退とか嫌やわー」
指原莉乃、「何とも言えない」評判を発見し苦言 「なんでそうなるのか」
10代のトランスジェンダー、“女性になった”当日に3人の男から性的暴行…犯人へ怒りの声相次ぐ

翻訳チーム単語

ホンヤクチーム

掲示板をみる(69)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

翻訳チームとは、海外作品の翻訳をする為のチームである。

ここでは特に、Twitterで連載されているサイバーパンク活劇小説ニンジャスレイヤー』を翻訳している集団「ほんやくチーム」について取り上げる。

概要

本来はアメリカで執筆されている『ニンジャスレイヤー』を日本語翻訳し、Twitterで連載しているの集団。日本における同作品の権利を取得しており、公式Twitterアカウント日本語公式ファンサイトを運営する等、各種商業展開の窓口も兼ねている。

2002年頃には既にアメリカで出版された『ニンジャスレイヤー』紹介サイトを開設していたり、フォロワーがごく少ない頃から連載を始める等、彼等は単なる翻訳担当者というだけでなく、最古最重篤のニンジャヘッズとしても認識されているようだ。

ほんやくチームメンバー

座右の映画は『コナン・ザ・グレート』と『ヒルズ・ハブアイズ』、『ガルシアの首』。地下室でケッチャムを繰り返し読むうちに頭がばくはつしてニンジャ真実に到達した。 (SFセミナー2012 企画紹介ページより)

デスペラード』を繰り返し観ているうちにサブリミナルメッセージに気付き、ニンジャスレイヤー翻訳を開始、ビールとドリトスとゴシック文学がだいこうぶつ。 (同上)

このふたりは2012年に行われた『SFセミナー2012』及び『ダ・ヴィンチ上インタビューにも(サイバーサングラスを着用した姿で)登場している。物理書籍版に翻訳者としてクレジットされていることからも、ほんやくチームの中心人物であることに間違いはないだろう。

彼等が属する2チームが1本のエピソードを順次翻訳していくことで、現在の2エピソード同時並行連載が実現している。

また、「よむとあたまがわるくなるぶんしょう」「汚いけいおん!」として知られるリレー小説企画『ブーブスバンドシリーズも、このふたりの筆によるものである。

その他のメンバー

翻訳の特徴

ニンジャスレイヤー』で用いられる(俗に「忍殺語」と呼ばれる)キーワードや独特の文体は、原作者のブラッドレー・ボンドフィリップ・ニンジャ・モーゼズの取材や文才によるところがまず大きい。特徴として「どこか間違った認識の」日本文化に対して「痛なほど正しい」現代日本観、「Wasshoi!」や「アカチャン!(akachan)」のようにローマ字で表記される一部日本語などがある。

だが日本語翻訳され、Twitterで連載されている実際の文章には、あえて間違った翻訳をしていると思われるコトワザや慣用句外人が発音しづらい日本語をそのままカタカナ表記した単など、原作文章だけでは説明のつかない奇妙奇フレーズがいくつも登場する。

2002年にほんやくチームメンバーが開設した紹介サイトの訳文が較的オーソドックスなものであることや、2005年頃に存在したmixiコミュニティについての言などから、現在の『ニンジャスレイヤー』の独特な日本語文体は原作者とほんやくチームの手腕、双方によるケミストリであると言った方が正しいだろう。

言い方を変えれば、「外人が大好きな間違った日本観」を上から目線で楽しんでいる日本人を、さらに俯瞰する線で捉えた翻訳であると言えるかもしれない。

80年代中盤~後半、サイバーパンクの代表作とされる「スプロール三部作」で名を馳せたウィリアム・ギブスンの作品を日本に紹介した丸尚氏(故人)の系譜に連なるというヘッズもいる程。

ちなみに「イヤーッ!」「グワーッ!」はそれぞれ「Yeeearttt!!」「AAAARGH!!」であるそうだ。

ほんやくチーム語?

「重篤ヘッズになればなるほど、“忍殺語”ではなく“ほんやくチーム”を用いるようになる」。ニンジャヘッズの間でまことしやかにられる重篤ヘッズの特徴である。
いわゆる「忍殺語」とは違って、ほんやくチームからのアンナウンスーで用いられる独特の言葉遣いであり、かなりのレベル日本を熟知していると思われる原作者及び作品と対照的に、奇妙で独特な言葉遣いが特徴である。

ほんやくチームの謎

ほんやくチームは、『ニンジャスレイヤー』を通してニンジャ真実日本に伝えるという崇高かつ重大なミッショオーンを帯びており、それゆえに彼等はとてもめいた存在に映る。しかしニンジャヘッズの間では、闊に歴史の闇に触れるのは賢明ではないという暗黙の了解が厳重に守られているのだ。

ここでは、アンナウンスーンや与太話から垣間見える彼等の普段の生活を記述していく。

ほんやくアジト

翻訳オフィス」とも呼ばれる。連載のない日でも一部のメンバーが詰める「宿直当番」なる制度があるらしい。

その他、過去には「翻訳戦略会議室」なる地下アジトが存在していた。ログハウスの地下ながら、その広さは100畳敷き程。戦略チャブ、150インチタキオン粒子モニタUNIXコンピュータ、折れ線グラフ、「ニンジャアトモスフィア」と書かれた世界地図黒電話、わらいなく氏の独房、エンターブレイン社へのひみつ通路などを備えるが、2012年の末頃に地下施設を埋めて引越した模様。ちなみに、隣にはボブがあった。

鉄の掟

@によるリプライには個別に返信する事ができない」という掟がある。ニュービーの方はご注意を。しかし、@ハッシュタグは必ずチェックしているらしい。また、ヘッズによるウキヨエやニンジャセッション写真なども欠かさず閲覧しているらしく、それらがリツイートオーされることも多い。

また、ゴアフィーストだったり少年のなんかが危なかったり、ヘヴィなメンタルハードな描写も多い『ニンジャスレイヤー』だが、ほんやくチームく「な描写は全くなく少年の健全な成長にも一役買う」とのことである。ごあんしんください。

謎のシステムとアイキャッチ

連載がリツイットされる毎に、オフィスではキャバァーンという音が鳴り、ボーナススシが翻訳チームに補給されるシステムが構築されているらしい。スシはほんやくチームの食であり、とてもすぐれたシステムであることです。

また、更新途中にスシの貯蓄が底を突くと、【NINJASLAYER】のアイキャッチアナウンスーが入り、連載が中断される。懸命なヘッズはこの中断にあわせて、夕方ならごはんやフルツなどたべたり、深夜ならば就寝したりして次に備えるのだ。

ケジメ

ほんやく担当者が更新作業中にタイプミスを犯した場合、ケジメをはじめとした様々なペナルティを化せられる。これにより担当者達はすでにサイバネ置換したパーツ……ではなく何本ものを失っていると見られ、中にはタイピング不能になる者までいる。ケジメと同時に過酷な「研修」に向かわされることもあり、その研修先はアバシリ、シベリアメキシコといった極地である。囲んで棒でかれる、送りなどの過酷ペナルティもチャメシ・インデントなのだ。

とはいえ、あまりに狂気的なエピソードオーを担当した場合のタイプミスはお咎めしとされたり、修復可な(修復された)ミスについてはケジメを免れるケースも多い為、あまり騒ぎ立てるのはゆかしくないとされる。

関連商品






関連項目

 

 

 

 

 

 

遺跡

掲示板

  • 67ななしのよっしん

    2018/03/21(水) 18:50:55 ID: G4R3Wf4L1U

    ここまでロータス戦記についての話がないが、
    もしカゲの連中がハナヨシの伝手でヤクザ達を「革命を達成するためには汚れを受け入れることも必要だ!」的な理由で引き入れたら、
    ユキコはキン虐待し追い出したことにキレてカイアの餌にしてもいいレベル人間と同調し出したブルウにそれやらせるのは酷なので)


    タケシたちが殺された時の感想は正直言って

    スカっとした!

  • 68ななしのよっしん

    2018/09/12(水) 20:40:41 ID: PtHtlepbqG

    >>61
    そんな強な精を持った一般人はほとんどいない
    つまりこうだ ほんやくチームはニン

  • 69ななしのよっしん

    2018/12/26(水) 16:50:58 ID: ZJwnlqNA+Q

    最近のほんチはあんまりトンチキな与太話を炸裂させなくて少し寂しい

急上昇ワード

最終更新:2019/07/19(金) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/19(金) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP