蒸気機関単語

ジョウキキカン

掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

蒸気機関とは、蒸気を使って熱エネルギー運動エネルギーに変える機械である。

概要

ヤカンを想像してもらいたい。
ヤカンをためて火にかけると沸騰して蒸気が出てくる。
でてきた蒸気は口から吹き出して来てピューとを吹いて音を出す。これがボイラーである。
ボイラーが生み出した蒸気は熱くて膨していて大きなエネルギーを持っている。
このエネルギーをどうにかして運動エネルギーに変換するのが広い意味での蒸気機関である。

具体的なエネルギーの取り出し方というのが重要なところ。
石油などの燃料を燃やすボイラーから熱エネルギーを取り出す蒸気機関が一般的だが、原理的に熱エネルギーなら何でも良い。そのため地熱を利用する地熱発電や、核分裂反応を利用する原子力発電は蒸気機関を使うがボイラーはない。

世界初の蒸気機関と呼ばれるヘロンの蒸気機関は吹き出した蒸気の勢いでクルクル回るというシロモノだった。
現代では、一般に蒸気機関といえば、発生させた蒸気を風車(タービン)に当ててクルクル回し、回転運動を取り出して、更に発電機に繋ぎ電気エネルギーとする発電用が大多数を占める。
原理上大規模な方が高効率になるため、据置式の巨大なプラントがほとんどである。

かつては蒸気機関車で使われている蒸気機関のように、ピストンを蒸気ので駆動するモノ(レシプロ)をしていた。蒸気圧が円筒内部のピストンを押してピストンの往復運動として取り出すことができるのである。
このレシプロは現代ではど見られなくなった。

この蒸気機関が工業の世界活用された結果、既に芽生えていた工場機械工業の進展を加速さ産業革命を大いに助けることになる。

関連動画

蒸気機関に関するニコニコ動画動画紹介してください。

関連商品

蒸気機関に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

蒸気機関に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/07/06(水) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2022/07/06(水) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP