石油 単語

173件

セキユ

1.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

石油とは、以下のことをす。

  1. 炭素水素化合物(=炭化水素)を成分とする、液状の鉱物の一種。
  2. 歌い手 → 石油(歌い手)

ここでは(1)の資について記載する。

概要

炭化水素成分とし、少量の硫黄酸素窒素などさまざまな物質を含む液状の

明治時代、石炭の代わりになるとして「石炭油」と呼ばれていたのが、短縮して「石油」となった。地下の田から採掘後、ガス分、異物などを大まかに除去した精製前のものは原油と呼ばれる。原油を加熱蒸留してから脱硫と分解を行い、ガソリン灯油軽油・重アスファルトといった石油製品を製造する。

石油製品は自動車の燃料・暖房といった身近な用途だけでなく工業・運輸・農産業など幅広い分野で大量に使われ、原油価格の上下が世界経済に与えるは大きい。原油の供給逼迫および原油価格の高騰は「オイルショック」と呼ばれる世界的な経済混乱をもたらす。1970年代オイルショックの頃に小学生だった人たちは、可採年数を根拠に「石油はもってあと40年」などと教わっていたらしいが、これは現在の石油価格で確実に採算の合う田の埋蔵量(確認埋蔵量)を、現時点の石油の消費量で割ったものである。よって、人類が石油を取り尽くしてしまうということはない(その前に採掘コストが上がりすぎて石油採掘は事業として成り立たなくなるだろう)。

オイルショック以降は採掘コストの高い深海底や地中深くの田の採掘が盛んになり、21世紀以降はさらなる原油価格高騰により、岩を熱分解をして石油を取り出すシェールオイルも盛んに採掘されるようになったため、確認埋蔵量は増加傾向にある。

日本でも秋田県新潟県田地帯として知られていたが、現在では見るもなくなっている。現在日本でも原油生産はされているが消費量にべ微々たるものであり、多くを中東からの輸入に頼っている。大半が産営会社との直接取引によって調達されている。この取引はDD取引と言われ、転売の禁止や仕向け地の限定などの条項が盛り込まれており、トレーダー自由に売買できるような原油はほぼない。

現代社会は石油によって得られるエネルギーや製品で溢れているのだが、それが地球温暖化を始めとする環境問題の原因ともなっている。

石油はどこから来るのか

実は未だにその起が確定していないまま採取と利用を続けている存在でもある。石油がどうやって生まれるのかについては、堆積した生物死骸などが化学変化したものを起とする「有機説」と、地中の石・マグマなどが変化した生物ではないものを起とした「機説」が存在する。

現状の段階では基本的には有機説が流ではあるものの、未だにハッキリしていない部分も多い。もし機起説が正しければ尽蔵に採掘できる可性がある。しかしもし有機起説が正しければいずれ地下資として枯渇してしまうリスクがあるということになる。

関連動画

関連静画

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/26(日) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/26(日) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP