今注目のニュース
戸田恵梨香、大島優子は「ふてぶてしい猫」
セーラームーンをスウィーツで表現! セーラームーンの「名刺ホルダー」で、オフィスでも乙女のポリシーを身に着けたい
いきなりステーキ社長の反省文で話題 『ワイルドステーキ』改善を確かめてみた結果

赤松則村単語

アカマツノリムラ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

赤松則村 / 赤松円心1277~1350)とは、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将である。

概要

赤松氏村上源氏を称する一門であり、鎌倉時代中期から赤松村の地頭を務めていた。一方播磨の代表的な悪党勢であったともいわれている。

1333年の元の乱の段階で護良親王旨を受け、宮方としてで挙兵。東上して街道を封鎖しつつ六波羅探題軍と戦っていった。ここで足利高氏と同じく討伐軍の大将であった名越高家を討ち取る勲功をあげる。そして討幕が達成されると、名和氏とともに船上山から京都へと帰還する後醍醐天皇の護衛を務めたのである。

護良親王であった赤松則村は、親王の失脚もあって冷遇されることとなり、足利尊氏の挙兵以降は彼に付き従った。尊氏が九州落ちする際に山陰山陽にひかれた防衛ラインのうち一つの将となり、策略を駆使しながら宮方を足止めし、尊氏再起の時間を稼いだ。その功績もあり幕府成立後は播磨の守護職を得る。

一方で1338年以降は、領である播磨で挙兵した新田一門・金谷経氏の鎮圧に、息子赤松範資とともにあたり、1342年までこの対処に追われていった。

観応の擾乱では尊氏となったが、九州で放棄した足利直冬追討の準備中に病没することとなった。督は長男である赤松範資が継いだが、翌年1351年に急死。以降赤松氏は三男の赤松則祐の系統が引き継いでいくこととなる。

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2018/03/11(日) 17:47:58 ID: zbgR26GTP7

    初期から討幕として活動してた割に建武政権で貰った恩賞がしょぼすぎる

  • 2ななしのよっしん

    2018/03/21(水) 10:57:59 ID: IPOH2DEV36

    南北朝動乱で絶対に敵に回したくない人物ナンバーワン
    ほぼ単独で六波羅探題をギリギリまで追い詰めるとかバケモンですわ

  • 3ななしのよっしん

    2018/07/05(木) 20:41:27 ID: t5D3zdzSix

    赤松則村佐々木高氏この二人を引き込めなかったのが南の敗因

急上昇ワード

最終更新:2020/01/26(日) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/26(日) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP