足利直冬単語

アシカガタダフユ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

足利直冬1327?~1400? or 1387?)とは、南北朝時代から室町時代にかけて活躍した武将である。
足利尊氏に最後まで認知してもらえなかった隠し子。

概要

上述の通り足利尊氏の庶子らしい。若いころ一夜瀬によって越前局との間に生まれた子という。そのため生年についてはよくわかっておらず、応永七年、つまり1400年に74歳で没したという記録から1327年生まれと逆算されている。

成長した足利直冬は東勝寺の食として過ごしていたが、1345年ごろ還俗して上する。しかし足利尊氏に認知されず、哀れに思った足利直義が養子にした。1348年時点で従五位上左兵衛佐の官位にあり、足利氏の一門としてきちんと取り扱われたようだ。

やがて紀伊の南討伐に成功を収めると、山陽山陰を統括する、一部の研究者からは長門探題とすら呼ばれるほどの権限を与えられ西に赴く。しかし観応の擾乱が勃発すると直は養足利直義の側に立ち、備後鞆で勢を増していった。このことは高師直には脅威に移り、直義が一時的に没落すると、直九州に没落させられたのである。

当時の九州一色範氏一色直氏子が懐良親王と抗争のっ最中であり、直一色氏の支配に不満を持っていた同じ北少弐頼尚に担ぎ出され第三勢となったのである。頼尚の婿になった直北九州一帯に勢を拡大させ、1350年に尊氏ははじめ高師泰を、続いて自らが軍を向かわせ討伐しようとしたのだ。

かしここで足利直義が出奔、直義の南帰順、高一族の惨殺とまぐるしく情勢が変わり、足利直冬も晴れ鎮西探題として直義の政権下で正式な存在に代わる。ところが栄は長く続かなかった。足利尊氏によって正の一統がなると、足利直義は今度は討伐の対となり、九州で尊氏だった一色範氏も尊氏同様南懐良親王と協して直に対抗したのである。直九州を持ちえ耐えることができず、1352年に中国へと転進した。

当時の中国地方には南方となっていた大内弘世がおり、足利直冬は彼のもとで旧直義の旗頭となった。そのため1355年には楠木正儀とともに京都制圧を果たし、すぐに没落するものの幕府にとっては油断ならない存在となったのである。

しかし、やがて山名時氏大内弘世といった中国地方の有大名が帰順していくと、足利直冬の活動は下火になり、石見に隠棲したまま晩年を過ごしたとされる。没年も正確にはわかっておらず、彼の5人いたとされる子も具体的な事績は不明である。

ところが孫の義尊が嘉吉の乱赤松氏に担ぎ出されることになるのだが、それはまた別の物語である。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 5ななしのよっしん

    2020/09/23(水) 13:51:44 ID: /iXokmyGbI

    >>3
    ところが、直の官位は義詮に薄していたし、
    戦功武功に限れば、尊氏の子供では断トツだよ。
    加えて、事実上、直義が幕政(いは後継者選び)も差配している状況だから、
    尊氏はともかく義詮の後継者としての地位は安定したものではなかったよ。

  • 6ななしのよっしん

    2021/01/29(金) 21:24:19 ID: NRH8JW0RVe

    義詮の母親が北条のだけど
    そこら辺がマイナス要素とならなかったのかな

  • 7ななしのよっしん

    2021/02/09(火) 03:12:57 ID: RotUKCi4qe

    自身が庶子で正当性が危ういがゆえに義詮には安定した地位をくれてやりたかったんだろう
    そこにぽっと出の庶子なんて義詮のためにも認めるわけにはいかなかったんじゃないか

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/11(火) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/11(火) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP