今注目のニュース
「変なホテル舞浜」の卵型ロボ「Tapia」に脆弱性 不正操作が可能な状況 Twitter上の指摘で発覚
『ポケモン』木彫りのミミッキュを作ってみた! 手掘り感が溢れる出来映えに「味がありますなぁ」との声
「ポケモンGO」の伝説レイドに「ダークライ」出現 あくタイプ最強 レイドアワーも

超合金単語

チョウゴウキン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

超合金とは、

  1. マジンガーZ」に登場する、マジンガーZのボディを形成している架金属。正しくは「超合金Z」。
  2. バンダイが展開している玩具ブランド

本記事では2.について記述する。

概要

かつて存在した玩具メーカーであるポピーが元祖で、その後親会社であるバンダイと合併した後はバンダイから発売されている。

その最大の特徴は亜鉛ダイキャストがふんだんに使われていることであり、これを「超合金」と呼んでいる。元々は子供ガンガン遊ぶおもちゃとして丈夫な亜鉛ダイキャスト構造で鋳造し製造している。ちなみにこの鋳造の仕組みは企業秘密であるらしい。

元ネタマジンガーZなだけあり、第一弾のマジンガーZ大人気となった。そして後のロボットアニメブームにおいても超合金の玩具は大ヒットとなった。今ではお染みとなったロケットパンチマジンガーZの大ヒットにより設定上そういう仕組みがないロボにもロケットパンチが採用されるようになった。他にも超合金化にあたり原作とは一部仕様が変化したものも多い。

1979年に放送された特撮作品のバトルフィーバーJに巨大メカが登場するとこちらも超合金として発売され、後にスーパー戦隊シリーズと呼ばれるようになる作品の巨大ロボにも超合金の名が冠せられるようになった。この頃になると変形・合体ギミックを盛り込んだDX超合金というブランドも展開。スーパー戦隊におけるDX超合金の一般販売は忍風戦隊ハリケンジャーの旋風神轟雷で途切れるが、近年プレミアムバンダイ限定販売としてDX超合金ブランドが復活。(第一弾は烈車戦隊トッキュウジャーのトッキュウオー)

1980年代になると原材料の高騰とロボットアニメブームの終焉により超合金ブランドは一旦終焉するが、その技術は戦士矢のフィギュアにも如何なく発揮されていた。

1997年には超合金魂というブランドが展開開始。いわゆる大きなお友達ターゲットにした高価格の玩具で、一体数万円の値段がするものもしくない。これ以降大人向けの高価格玩具というブランド確立され、各メーカーで同類のブランドが立ち上がるようになる。

現在超合金は原作のあるロボットだけでなく、ディズニーキャラ藤子・F・不二雄キャラモチーフになったオリジナルロボットやらジバニャンやらハローキティやらバリエージョンは多岐にわたっている。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/10/17(木) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/17(木) 22:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP