AX単語

エーエックス

  • 1
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

AXとは、

  1. IBM-PC/AT互換機日本語表示、変換機を追加したパソコン規格。本項で紹介。
  2. 日本テレビコールサイン略称。→JOAX-DTV
  3. 日本テレビ運営するライブホール。→SHIBUYA-AX

概要

アメリカを初め世界中で、ビジネス向け16ビットパソコンとしてIBM-PC/ATおよびその互換機が席巻していたが、日本ではNECPC-9801シリーズ民機と言われるほどほぼ独占状態にあった。

これに対抗するため、1986年アスキーマイクロソフト日本語表示、変換機の追加ハードウェア企画し、各パソコンメーカーに参加を提唱していた。

すでに両社は8ビットパソコンMSX企画し、一定のシェアを築くことに成功しており、このビジネス版として「AX」 を立ち上げることとなった。

1987年10月に、大手パソコンメーカーと共同でAX協議会を設立、本格的な販売に着手、1988年には参加メーカーから対応パソコンが販売開始された。

AX規格では漢字ROMを搭載した増設ボードJEGAボード)を使うようになっていたが、これは10万円以上もする高額なものだった。後に登場するDOS/Vのように英語版PCDOS/V読み込ませるだけという手軽さはなく、パソコンの価格も増設ボードのために割高になり、わざわざAXパソコンを使うメリットはなかった。[1]

また、日本IBM東芝は参加せず、独自のハードウェア日本語化していたが、これらとの互換性もなかった。

さらにはVGAに対応するDOS/V1990年に登場する。DOS/Vではハードウェアを搭載せず、ソフトウェアのみで日本語表示、変換機を備えていた。すでに流はi386などの32ビットCPUに移行しており、独自のハードウェアを使わずともCPUパワーで機させることができたのである。さらにi486になるとPC-9801と大差ない表示、変換スピードに達し、AXの存在意義は失われることとなった。

また、1991年日本で発売されたWindows 3.0でも日本語が搭載され、PC-9801との機種間の違いがなくなったことも、存在意義がなくなる大きな要因となった。 

結局、AX参加メーカーDOS/Vの標準化組織であるOADGに参加してDOS/VAT互換機そのものの販売)へと転向することとなり、AXは自然消滅した。

また、AX協議会は株式会社としてオープンインタフェースへと変え、コンピュータシステム設計、販売(システムイングレーター)事業へと転換するが、2011年倒産した。 

参画していたメーカー

関連項目

脚注

  1. *DOS/Vパソコンがよくわかる本」飯島HBJ出版局 1992 p.15
この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/06(木) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/06(木) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP