今注目のニュース
居酒屋で気持ち悪くなって「場ゲロ」、罰金1万円はちょっと高すぎないか?
「キン肉マン」作者・ゆでたまごが“初”ラジオパーソナリティに!嶋田隆司「58歳になった今叶うとは!」
「ラッキー♪ブタなのに勝っちゃった」アニメ『賭ケグルイ××』よりARTFX J 早乙女芽亜里が2019年11月に発売!

bermei.inazawa単語

ベルメイイナザワ

掲示板をみる(26)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

bermei.inazawa(べるめい・いなざわ)とは、日本作曲である。

概要

「bermei」「inazawa」「イナザワ」等と略されて呼ばれることもあるが、正式にはこう呼ばれる。

に「同人音楽」の活動をしており、そのキャリア始点高校時代にまで遡る。友人に誘われて同人音楽に参入、のちに個人サークルstudioCampanella」を設立した。以降、現在に至るまで実に10年以上にわたって活動しており、他の同人作家企画にも多数関わるなど、その名前・実績はきわめて広く知れ渡っている。

同人以外に商業流通でも活動しており、その音インディペンデントレーベルVoltage of Imagination」よりリリースすることが多い。特に、「Ancient Colors Infinityexit」と銘打った、色をモチーフにしたリリース企画による3作品や、「anNina」名義で発表された、アニメひぐらしのなく頃に解』のED曲『対象a』は、いずれも高い人気を誇る。

ひぐらし」以外のタイアップ活動もしており、ライトノベル嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』のイメージアルバムとして、『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん イメージアルバム 存在の正しさは不在』『同 幻想の在処は現実』の2作をリリースしている。同アルバムを始めとしたタイアップ作品では、作編曲と同時に「サウンドプロデュース」もinazawaが基本的に手がけている。

また、2011年5月4日には、ビクターエンタテインメントより2枚組のベスト盤『Chords\bermei.inazawa collection』をリリースしている。既に盤となっている過去CDからの楽曲や、新曲も含め、全曲リマスリングにて収録されている。

作風について

inazawaが手がけるジャンルは、極めて多岐に渡る。

対象a』のような、上品なピアノに乗せた妖艶なブルースや、『そ彼』のような、非常に精緻でドラマチックな展開を有する打ち込み音楽。『クリアノート』『照明』のような、で透き通った美しさを持つポップソング。「Ancient Colors Infinityシリーズのような、アジアテイストをふんだんに盛り込んだ、民族音楽電子音楽の劇的な融合

オリジナル曲だけでなく、既存曲のアレンジも行っており、『翼をください』『まっくら森の歌』等、原曲の雰囲気を一変させた、大胆な編曲をすることが多い。そしてそれは、原曲を知るリスナー、そしてそうでないリスナーをも驚嘆させる。

ボーカルを除くほとんどの音がDTMによる打ち込みであるが、これまで挙げた作品に共通して表れているのは、きわめて「内的な」制作姿勢と、「耽美的な」音作りである。inazawaの作品を鑑賞しているうちに、ともすれば暗く不気味とも捉えられる曲進行の中に、一筋る「美しさ」を、そして「安心感」を見出すことが出来るだろう。

ただし、『あさやけぼーだーらいん』のように、パワフルで明るいロックも手がけていたりするなど、必ずしもとした曲調ばかりではないことにも着すべきである。しかし、決して手放しにキャッチーになりすぎない音運びや、interfaceによる歌詞も手伝って、どれほどしい曲調であっても、inazawa作品から「内的な姿勢」が抜け落ちることはない。

主な関係者たち

ボーカル曲の作詞はinazawa本人自ら手がけることもあるが、大部分は相棒である作詞の「interface」によるものである。inazawaの音楽る上で外すことは出来ない、最重要人物であると言えよう。

inazawaと同じく、同人音楽にて絶大な知名度を誇り、商業流通でも広く活躍する歌手片霧烈火」「茶太」「霜月はるか」とは旧知の仲である。ちなみにinazawaは、歌手の表現手法に積極的に関わることでも知られており、特に茶太の独特のウィスパーボイスは、同氏のディレクションによって生まれたと言われている。

アニメひぐらしのなく頃に』のED曲『why, or why not』を手がけた「大嶋啓之」は、上述の「Voltage of Imagination」のレーベルメイトでもあり、inazawaとも親交が深い。同氏が強く推薦したことが切っ掛けとなり、カップリング曲『そ彼』の作編曲をinazawaが手がけることとなった。

同じくレーベルメイトで、ゲーム作曲の「ESTi」も、同人活動を始めた頃からの旧い友人である。

ボーカリストの「Annabel」とは、inazawaのソロ名義「Campanella」でボーカルを募集している際に知り合い、のちにユニットanNina」を結成し、アニメひぐらしのなく頃に解』のED曲『対象a』を手がけた。anNinaとしてはその後ミニアルバムnatal』、2作シングルにしてOVAひぐらしのなく頃に礼』の題歌『まなざし』をリリースしている。

関連動画

公式動画

※ すべて「Voltage of Imagination公式アカウント(→リンクexit_nicovideo)からのアップロード

その他関連

※ 他には「タグで動画検索 bermei.inazawaexit_nicovideo」辺りで色々と。

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

関連商品

bermei.inazawa(Campanella) Presents

anNina Presents

サウンドプロデュース・企画

Ancient Colors Infinity 3部作

※ 3作とも盤だが、収録曲の多くはベストアルバムChords\bermei.inazawa collection』に収録されている。

その他楽曲提供

関連書籍

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/19(水) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/19(水) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP