SCP-173単語

エスシーピーイチナナサン

2.4千文字の記事
掲示板をみる(408)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(16)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
ネタバレ注意

忠告: もしあなたがSCP-JPスタッフではないならば、外部サイトで作品のライセンスの問題を持ち出さないでください。

直に誤ったライセンス表記の作品を開している制作者や管理者をこのページexitに誘導したり、スタッフと話し合うように助言するのは構いません。また間接的に、ライセンスチームに問題を連絡し、解決するようにめるのもまた構いません。ですが、撤回しろと言外にめかすように脅したり、Wikiライセンスの所有者や責任者のように振舞わないでください。

こういうときのためにこそ、ライセンスチームはいるのです。私達があなたを手伝います。

SCP-JP ライセンスガイド序文exitより

SCP-173とは、シェアワールド創作作品群『SCP Foundation』に登場するオブジェクトである。

特別概要プロトコル【 必読 】

一般通知:全職員

財団中央部(O5-)より発行                   

SCP-173画像は加藤泉氏の作品である"無題 2004"exitを撮したものであり写Keisuke Yamamoto氏exitによって撮されました。これらに関する全ての権利は各著者の方々が有しています。

SCP-173は加藤氏の作品である"無題 2004"およびその写真二次利用して生まれたものです。
加藤氏は"無題 2004"の画像の利用を、非営利に限るという条件のもとでSCP Foundation及び、そのファンに対してお許しくださいました。これは加藤氏のご厚意によるものです。

いかなる場合においても、SCP-173の記事内で使用されている彫刻及びその画像を営利的で利用してはいけません。また、「加藤スタジオ」様に対して直接、SCP関係での「無題2004」の営利を的とした利用許諾の問い合わせを行ってはいけません。 

違反者は法的に罰せられる恐れがあり、SCP-173で使用されている画像も使用禁止・削除となる可性が生じます。

また、SCP-173のコンセプトは元作品である"無題 2004"のコンセプトとは全く関係ありません。
SCPと関係のない場所や記事(加藤氏の個展など)で"無題 2004"をSCP-173と呼称・書き込みをする事は製作者の加藤氏に対して大変な非礼に当たります。

SCPと関係のない場所や記事で"無題 2004"をSCP-173と呼称・書き込みをしないよう留意して下さい。

なお、SCP-173のオリジナルの文章exitインターネット上に掲載されています。英語理解できない職員に向けた翻訳文章exitも存在します。閲覧は全てのクリアランスレベルの職員が利用可です。

 –O5-██

説明

SCP-173は、加藤の作品 "無題 2004" を題材としています。写真Keisuke Yamamotoにより撮されました。英語圏の掲示板サイト4chanParanormal (超常現象) において、この作品を見たユーザー二次創作として彫刻に報告書怪談話を付け、それに触発され他の報告書が次々と創作されました。これが後のSCP Foundationとして発展するきっかけとなった出来事です。この為SCP-173には、それに敬意を込めた形で「起」を意味する "The Orginal" という副題がつけられています。

SCP-173の見かけは、筋で支えられたコンクリート製の不気味な人彫刻であります。直視されている限りは通常の彫刻のように動きません。しかしながらを離すと ― 例えそれがき程度であったとしても ― 一距離を詰められ、頸部の圧迫や圧断で対を殺します。SCP-173は生物に見えますが、実際には生きており、極めて敵対的です。

SCP-173は専用のコンテナに隔離されていますが、排物と血液の混合物を排出する為、定期的にコンテナに入室し、中を清掃する必要があります。従って入室は必ず3人以上とし、1人が清掃している間、2人は互いにきに注意しながらSCP-173を見つめ続ける必要があります。更に、も観察していないときにはをこするような音が聞こえ、恐らくこの時SCP-173は動いてます。

SCP-173の報告書は、SCP Foundationがどのようなものであるか、その雰囲気を知るための入門書としてしばしば取り上げられます。これは報告書が短い事、淡々とした文脈に頸部圧断というインパクトのある殺方法が登場するという、SCP Foundation特有のホラーの手法が描かれている事、財団などの設定がまだ固まっていない頃に作成された為、背景設定をよく知らずとも理解しやすい事などが理由に挙げられます。

創作記録173

173-A: 映像記録

173-B: 静止画記録

173-C: その他の形式の記録

関連記録

拡張リンク記録

ネタバレ注意

忠告: もしあなたがSCP-JPスタッフではないならば、外部サイトで作品のライセンスの問題を持ち出さないでください。

直に誤ったライセンス表記の作品を開している制作者や管理者をこのページexitに誘導したり、スタッフと話し合うように助言するのは構いません。また間接的に、ライセンスチームに問題を連絡し、解決するようにめるのもまた構いません。ですが、撤回しろと言外にめかすように脅したり、Wikiライセンスの所有者や責任者のように振舞わないでください。

こういうときのためにこそ、ライセンスチームはいるのです。私達があなたを手伝います。

SCP-JP ライセンスガイド序文exitより

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 406ななしのよっしん

    2021/07/28(水) 10:55:39 ID: K/SstpB10b

    >>sm39087849exit_nicovideo

    財団への抗議活動を始めたようで

  • 407ななしのよっしん

    2021/10/17(日) 20:17:58 ID: CnkMSqwRL/

    散々言われてるだろうけど監視要因2人じゃ絶対足りないよね
    10人くらいで見つめないと絶対きのタイミング被って首へし終われる

  • 408削除しました

    削除しました ID: sxFq3I+oV1

    削除しました

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/11/29(月) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2021/11/29(月) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP