今注目のニュース
よく言った!ワイドナショー生放送で松本人志が発言!他局が報じない「宮迫と田村亮」謝罪会見に言及にネット絶賛
吉野家で牛丼並盛が半額の「夏休みお子様割」、丼・定食・カレーなど全50種以上を190円引き
ソーセージ工場で18歳男性、ミートミキサーに巻き込まれ死亡(フィリピン)

SteamVR単語

スチームブイアール

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

概要

SteamVRとは、Valve社が提供するPCVRラットフォームである。これを経由することで、Steamで販売されているVR対応タイトルを遊ぶことができる。

SteamVRはハードウェアであるHTC VIVEも含めてしていたが、SteamVRがVRラットフォームとして他のVRハードウェアにも対応してきており、HTC VIVEのみにとらわれなくなってきたため、独立記事としてみた。

対応VRハードウェア

SteamVR Home

SteamVRを導入すると、VRを起動した際に標準で起動する仮想ソフト。それ自体が仮想ソフトであることともに、各VRタイトルの起動など、VR内で操作が完結するようになっている。

初期環境山中にあるベランダ付きの一室であるが、環境を切り替えることで様々な場所を体験することができる。また、ボール具などのアイテムを呼び出して遊んだり飾り付けたりもできる。他人を同じ環境に呼んで一緒に楽しむことも可

Steamワークショップに対応しており、他人が開している様々な環境を楽しむことができる。

VRに必要なスペックの確認

VR Readyという規格がある。これは、そのPCで各種VRタイトルが快適に動かせるかどうかを確認するための標である。SteamVRでは、Steamで配信されているVRベンチマークソフトSteamVR Performance Testexit」でVR Readyかどうかを確認することができる。

このベンチマーク緑色Readyになっていれば、各種VRタイトルを快適に動かすことができる。黄色Capableは、一応は動作するが非推奨といったところなので、ハードウェアの強化をおすすめする。

実はVR Readyには各社ごとに設定されており、SteamVR Readyがどれをすのかor独自のものなのかはわからない。(Oculus Ready, HTC VIVE VR Ready, GeForce GTX VR Ready, Radeon VR Ready等)

おおまかなVR Readyの標。推奨スペック

CPU Intel Core i5-4590 以上
GPU GeForce GTX 970 以上
GeForce GTX 1060 以上
Radeon R9 290 以上
Radeon RX 480 以上
メモリ 8GB以上
端子 HDMI 1.4 ×1
USB (VRハードウェアによって必要なポート数は異なる)
OS Windows 7 SP1(64bit) 以上

なお、タイトルによって必要なスペックが上回ることもあるので注意が必要。

セットアップ

ルームスケール・立位のみ、から選択できる。

ルームスケールとはVR中を歩き回れる環境のことで、各種VRハードウェアに対応したセンサーおよびコントローラーが必要。また、部屋自体も最低2m×1.5mの広さが必要。

立位のみの設定では、部屋の広さを必要としないが、遊べるタイトルが限られる場合がある。

代表的なタイトル

ここではSteamで配信されているVR対応タイトルのうち代表的なもので、ニコニコ動画動画がいくつか投稿されているものを挙げる。

その他、Steamで販売されているVR対応ソフト: Steam上のバーチャルリアリティexit

関連項目

関連リンク

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP