今注目のニュース
てんちむ、浮気症の彼氏から手切れ金500万円請求される 「結局…」
インフルエンサーがインスタに「バリで休暇中」と投稿→「実はIKEAで撮影、渡航費0円」のドッキリ
よゐこ濱口、48歳になった有野を祝福 ローソク消す姿にファンほっこり

GT単語

ジーティー

  • 1
  • 0
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
曖昧さ回避 この記事は曖昧さ回避です

GTとは、

レースにおけるGTについて

自動車レースにおいて、基本的にベースとし、一定数以上の生産数などを条件としてレース催が認(ホモロゲーション)したレーシングカー種、クラス。そして、それらのレーシングカーを使ったレースイベントシリーズ名にも名が使われることがある。

戦後モータースポーツが急速に発展していく中で、レーシングカーも高性化、先鋭化が進みつつあった。タイヤがむき出しのいわゆるグランプリカーは、期にとはかけ離れたフォーミュラカーへと発展した。
一方で、ボディにタイヤが覆われたいわゆるスポーツカーは、まだをそのままレースで使用するのが一般的であった。しかし、次第にレースで勝つためだけに作られる立ち始めた。それらはあくまで将来販前提の「プロトタイプ」という名で作られ、実際には販されないものも多かった。このやり方で、フェラーリスポーツカー世界選手権のタイトルを独占するにいたり、催者側はこれを阻止する的でGTクラスを作ることになる。プロトタイプが速くなりすぎて危険だ、という建前ではあったが…。
具体的には、排気量3000cc以下、年間の生産台数が100台をえることが認の条件であった。当時のフェラーリは町工場レベルの生産しかなく、これで選手権から彼らを追い出せると催者側は踏んだのである。も、フェラーリは当時の量産であり、すでに数台の生産実績があった250GTの「発展エボリューションモデル)」として250GTOを作り、催者側の論見をくも打ち砕いたのではあったが。
ともあれ、これを始まりにGTクラススポーツカー世界選手権の中で定着し、ベースのレーシングカーそのものをす言葉となった。しかし、世界選手権を外されたプロトタイプも結局メーカーは手を引かずに開発を続けたため、催者側はとうとうプロトタイプとGTそれぞれのタイトルをかけることを認めた。
名称がWECとなった現在2017年)も、プロトタイプであるLMPと、GTクラスであるLMGTEが混走してそれぞれの勝利を争っている。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/02/26(水) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/26(水) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP