今注目のニュース
エモい? イオンモール名古屋みなとの現状に注目あつまる
「新幹線変形ロボ シンカリオン」今冬、映画化決定
「何なのこれー!」柴犬に「早食い防止皿」でエサをあげたら、聞いたことの無いような悲しい声を出したと話題に

TZR250単語

ティーゼットアールニヒャクゴジュウ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

TZR250とは、ヤマハ発動機が開発・製造していたフルカウスポーツ(レーサーレプリカ)タイプオートバイ(普通自動二輪車)である。

概要

TZR250は、ホンダNSR250RスズキRGV250Γと並ぶ2スト250ccクラス御三家のひとつである。

年式ごとの歴史

TZR250は大きく3つに分けられる。

1期型(1KT・2XT)

1985年、1KTデビューフレームアルミニウムを採用。頑丈なフレームとしなやかなサスペンションとの相性は抜群で操縦性が高い。そのことから、俗に「ヤマハハンドリング伝説と呼ばれている。他社2ストマシンパワーバンド較的広いのも幸いした。フロントブレーキは1KT・2XTともにシングルディスクである。
1988年にはマイナーチェンジモデルの2XTがデビュータイヤバイアス→ラジアルに変更され、CDI(点火装置)をデジタル制御化、エンジンシリンダーにメッキ加工を施すなどの良を受けた。

2期型(3MA)

1989年デビュー式名から、通称「サンマ」と呼ばれる。このモデルでは、吸気をエンジン前方で行い、排気をエンジン後方で行う、「後方排気」モデルであった。センターアップマフラーが最大の特徴。というのも、同社が製造していたレースバイクである「TZ250」のメカニズムをそのまんま持ってきたのである。 
ハンドリングは、エキゾーストパイプを高い位置に持ってきてしまったせいで重心が高くなったこと、フレームが太く頑丈かつ重量バランス前のめり気味だったこと、さらにホイールベースが長くなったことでTZRシリーズの中では曲がらないと評されてしまった。

3期型(3XV・3VXC)

1991年デビュー。このモデルからエンジンが並列2気筒→V2気筒に変更された。前作3MAでNSR250Rに性的に惨敗したことから、対抗すべく大幅な設計変更を行った。
ノーマルモデルでも倒立フロントフォークガルアーム(湾曲)スイングアームを標準採用したほか、これの上位モデルであるSPモデルでは調整機付きサスペンション・クラッチクロスレシオトランスミッションを採用。
19921994年にはノーマルモデルベースクラッチ・調整機付きサスペンション(トランスミッションノーマルのまま)を追加したRSモデルがあった。
1995年は最終進化形である「3XVC」がデビュー。排気デバイス(YPVS)が3系統搭載となりオールラウンドに扱いやすいエンジンとなった。
1999年、排ガス規制強化に伴い生産終了。 

関連動画

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/06/26(水) 15:00

ほめられた記事

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

           

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    TOP