【初音ミク←】徒夢【PV付オリジナル】動画

  • 2
  • 0pt
掲示板へ

『徒夢(あだゆめ)』とは2010年6月1日投稿された、←Pによるミクオリジナル曲である。

概要

ボーマス12にて頒布されたライブファミリーのコンピアルバムLIVE HOUSEexit_nicovideo」16曲に収録されている。

今回も自身のコンセプトである「ふわふわずしん」な曲となっている。イントロサビ前まではエレクトロニカ調の電子音体な音造り、サビ以降はバンドサウンドテイストかつ重低音をメインに据えている。サビ入りの、柔らかい音から重たい音に変わる間は必聴。

三月の終わりから四月の始めにかけての、自分の心を曲にしました。 

――動画説明文より

詳細は後日発表されたブログ記事を参照してもらうとして、この時期、←Pの中では相当ながあったようである。自分の夢を諦めて、現実と向き合う覚悟を決めた←Pの思いがこの「徒夢」には込められている。ブログを読んでから曲を聴くと、切なさが増すようだ。(件のブログ記事はこちら→『徒夢(あだゆめとは)exit

動画内のイラストは全てmeisa。色を多用しないイラストが、曲のイメージとよく合っている。また、棄工場の中や動画最後のシーンベースと思われる楽器がちらっと映っているところも印的。

ちなみに「徒夢(あだゆめ)」とは、「い夢」「望みのむなしいこと」という意味。

作詞曲は←Pイラストmeisa動画hie

歌詞

作詞 ←P
イラスト meisa
動画 hie
DIVA 初音ミク

夢、覚めた。曇った
遠く、雨。俯く。

「・・・―――。」

電車、日が射した。
しくってを細めた。
奪われた『定席』。
立ち位置も、確保できず。

あ、そっか。
そんなもの最初っからなかったっけ?
まぁいいやいつもの事です。

夢を見て辿り着いたこの場所は、
ただの『希望棄工場』でした。
競いあい潰(プレス)された心の行方は、曖昧な未来
それはそれは、分かってたはずの『現実』ってやつでした。

夢を見せられて、
夢に溺れてた。
気が付いたらもう、
も居なかった。
一人ぼっち迷子の心は、
曖昧な拍子にぷかり浮かぶんだ。

進行に従って、不安定な拍を刻みます。
元々宇宙にぽかんと一つ、浮いてるだけのなんです。
そんな上でバランス保って、
太陽と月の間あたりで、毎日必死に生きています。

生きています。

夢を描いて辿り着いたこの場所は、
ただの『希望棄工場』でした。
分かってたはずの『現実』なのに、
どうしてが止まないんだろう・・・・・・。

夢が冷めて、息もできなくなった。
処に冷却処分しましょう。
最後だね、今までありがと、ね。
処に眠る、『皆』の―――。
Good night. Good night.
沢山の夢と一緒に、

おやすみ。

初音ミクwikiより転載exit

公開マイリスト

関連コミュニティ

関連項目

関連リンク

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/v/sm10919875

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

【初音ミク←】徒夢【PV付オリジナル】

1 ななしのよっしん
2010/11/30(火) 10:52:30 ID: YpOPiYdfSB
初見トムって読んだ
2 ななしのよっしん
2011/06/27(月) 15:23:55 ID: +H7wqGSzVv
夢に見せられて×
夢を見せられて○

か編集頼む。
3 ななしのよっしん
2011/09/16(金) 06:50:03 ID: OJXy3i2zgt
>>3
遅くなりました。誤字訂正しました。大変失礼致しました。

急上昇ワード

2020/08/13(木)07時更新

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

アルトリア・キャスター 火炎猫 異性 主は絶対イグニ生