単語記事: 周

編集

とは、以下のことを表す。

国名

人名

周は中国語圏、日本の姓名である。

周姓

周がに滅ぼされたとき、周の王室(姬姓)が周姓にめたのが起という。中華人民共和国で7番に多い姓(2006年当時[1])。

名前

架空のキャラクター

漢字として

Unicode
U+5468
JIS X 0213
1-28-94
部首
口部
画数
8画
読み(常用)
シュウ
訓読み(常用)
まわり
𠄗
Unicode
U+20117
部首
亅部
画数
7画
𠱬
Unicode
U+20C6C
部首
口部
画数
9画
意味
まわり、めぐる、あまねし、行き渡る、緻密、慌てる、親密、、(賙と通じて)救う。
説文解字・巻二〕に「密なり」とある。
字形
諸説ある。
説文解字〕はの会意とし、よく口を用いると密接、周到であると解説する。ほかに口を符とする形説、口ではなくに従うとする説がある。
しかし甲文では田の各四に点がある字形であり、文になってその下に口を加えた字形が現れる。これを踏まえ、容器に粒を置いた形(葉玉)、巡ることを表す字とする説、田にもの植える形(若)、に彫飾を施したものに口を加えた会意(白川静)という説がある。
音訓
読みシュウ音)、シュ(音)、ス(慣用音)、訓読みは、まわり、めぐる、あまねし。名のりに、いたる・かた・かぬ・かね・ただ・ちか・ちかし・なり・のり・ひろしまこと、などがある。
規格・区分
常用漢字であり、小学校4年で習う教育漢字である。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。JIS X 0213第一準。
周を符とする漢字に、凋、啁、婤、彫、淍、、琱、禂、稠、賙、調、雕、、䯾などがある。
周囲・周回・周期・周章・周知・周到・周年・周辺・周遊

異体字

  • 𠄗は、〔説文〕に「古文の及にふ」とある古文
  • 𠱬は、〔説文〕の注や〔集韻〕にある古文
  • は、〔正字通〕に「俗の周字」とある異体字。現在は別の字として扱われる。

関連項目

脚注

  1. *中国姓氏排行榜

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E5%91%A8
この記事は自動でリンクされないように設定されています!
ページ番号: 4243980 リビジョン番号: 2336114
読み:シュウ
初版作成日: 09/12/28 13:40 ◆ 最終更新日: 16/03/12 18:23
編集内容についての説明/コメント: 鯛にリンク
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

周について語るスレ

1 : ななしのよっしん :2010/09/19(日) 02:59:38 ID: UmS5uwZCQo
好きな漢字の一つだなあ
2 : ななしのよっしん :2011/08/04(木) 15:45:34 ID: 5l/0tZeJ+Q
周《あまね》って名前がDQNネーム呼ばわりされてた時はさすがにを疑ったわ
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015