りおん(半妖の夜叉姫)単語

リオン
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

りおんとは、半妖の夜叉姫の登場人物である。声優藤田咲

概要

妖怪麒麟丸

麒麟丸と共に世界の各地を見て回ってを慕っていたが、一方では戦いに明け暮れていた。犬の大将麒麟丸が対戦した際、敗北する姿をの当たりにし、麒麟丸犬の大将に「何故止めを刺さない!?」と問うたが、「童が見ている」という理由で見逃された。

その後は半妖の逆叉によって刺しにされて絶命した。麒麟丸はこのことで半妖に恨みを抱くようになるが、の死を認めたくないによって産霊山に霊の状態で閉じ込められていた。が生きていたことに安堵したが、が戦いのを選んだ故に彼の前で笑顔で振舞うのをやめていた。

せつなが所縁の断ち切りを使用し、と墓土を得たことで外を歩けるようになり、理玖に護衛される。日暮とわには麒麟丸を討って欲しいと言い、が込められた吸妖根を託す。しかしこの吸妖根には呪いがかけられており、麒麟丸使用者のとわのを奪って心をにすることで、りおん移しを狙っていた。

産霊山で魄が尽きかけた時に麒麟丸が現れ、再び動けるようになり麒麟丸を討とうとしていたが、が生じ、理玖が刺されてしまう。麒麟丸に連れられ、現代に行かされようとしていたが、理玖が連れ戻したことで再び産霊山に戻る。しかし令和の時代からかつては麒麟丸の右腕だった希林理が来て、彼の右手からかつての優しかったの温もりを感じ、彼の思惑通り、妖霊と同化する。しかしせつなに所縁の断ち切りで糸をられるごとに、のことは本当は心配していたことが伺えた。殺生丸との戦いで瀕死の重傷を負った麒麟丸を妖霊の中に入れ、とわも合流し暴走が収まったと思われたが、生き延びていた希林理半妖の逆叉のとなって襲われたことで逃げ出す。とわはそんな彼女に決死の覚悟で吸妖根を使用し、とわの覚悟に答えたりおんも「のように戦いたい!」と言い、吸妖根で逆叉のった。を使い切ってになったとわの身体を借りてに触れて笑みを見せ、夜叉姫殺生丸りん邪見に看取られ、とわに感謝を表明しながら体を返した。

関連動画

募集中

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

ニコニ広告で宣伝された記事

天外魔境II (単) 記事と一緒に動画もおすすめ!
提供: は に わ
もっと見る

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

りおん(半妖の夜叉姫)

1 ななしのよっしん
2022/03/20(日) 22:24:11 ID: 85WG2m5RUD
物語を綺麗に終わらせるための緩衝材みたいなキャラだった
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2022/03/21(月) 22:16:17 ID: zW44Sd5/22
殺生丸にはがいる

麒麟丸にもがいた


全に夜叉姫たちとは反対のを行っただったな。
👍
高評価
0
👎
低評価
0