殺生丸単語

セッショウマル
3.1千文字の記事
  • 6
  • 0pt
掲示板へ

殺生丸 殺生丸

殺生丸(せっしょうまる)とは、犬夜叉半妖の夜叉姫に登場するキャラクターである。声優成田剣

概要

犬夜叉 

犬夜叉腹違いで、全な妖怪。美青年である。

登場当初は冷酷非で、人間半妖犬夜叉を見下していた。
に挿している天生牙は、一振りでの命を救うが、この世の物はれないだったため、犬夜叉を襲い鉄砕牙を狙ったが、左腕を失った。2度戦闘では奈落と知り合い、人間の腕を借りて鉄砕牙を奪い、の傷で犬夜叉一行を追い詰めたが、瀕死の重傷を負いながらも取り戻した鉄砕牙を握り続ける犬夜叉を見て戦場を後にする。その際に自身をコケにした奈落に因縁を抱くようになる。

作中3度戦闘では犬夜叉の傷に吹き飛ばされ、重傷を負っていたところを、人間りんに介抱される。に噛み殺されたりんを救うために天生牙を初めて使用し、彼女蘇生させる。以降は彼女の同行を許し、冷酷さが薄れ、少しずつ慈悲の心が芽生えていく。

奈落の3体分身、悟心の牙から打ち出した剣、闘鬼を手に入れた後は、鉄砕牙を狙う行動はとらなくなったが、魍魎丸との戦闘闘鬼は折れてしまう。その後武器として鍛えなおされ天生牙を使っていたが、天生牙は元々鉄砕牙と同体の1本のだったと知りしく動揺。死神を倒してしばらくした後で犬夜叉と対戦。鉄砕牙を継ぐに相応しいを見届けると、天生牙鉄砕牙に向けて折って技を譲る。その後は自らのだけで戦っていたが、曲霊との戦闘で左腕が復活し、自分自身の爆砕牙を手に入れた。


戦国時代最強の大妖怪と位置づけられており、普段は人だが、本性は巨大な化け。飛行することができる他、の臭いだけで遠くの状況が分かる。強いを持っているため、彼にの攻撃は通用しない。

半妖の夜叉姫

根の首が村を襲った際、密かにりんがいるを守っていた。

数年後にりんとの間に日暮とわせつなけ、となる。しかし同時に半妖人間を嫌う麒麟丸是露を狙われ、邪見に結界を貼らせて隠すことになる。犬夜叉かごめ麒麟丸と共に襲撃する際、麒麟丸より速く動いて犬夜叉から真珠を奪うと、真珠の中に犬夜叉かごめを封印させた。

が潜んでいる是露に発見され、を燃やすことに同意を示した。

数年後にとわ、せつな麒麟丸に追い詰められ、とどめを刺されようとしていたところで爆砕牙を麒麟丸に向けて投げることで窮地を救う。殺生丸と麒麟丸の戦いの衝撃を受けて二人のは気絶。邪見に二人のことを問われたが、思うところがある表情を浮かべながらも「言うな」と言い、邪見と共にその場を後にした。

その後は久留を邪見と共に見かけたが気に留めず、時代にいるりんを気に掛ける。りんを開けたのを見て是露が死ぬのを察知し、現場に向かって是露天生牙蘇生させる。是露が死ぬことは縁がつながっているりんも死ぬのを意味していた。犬の大将を慕っていた是露にとっては天生牙蘇生されることが屈辱以外の何物でもなく、怒りのまま天生牙を折られる。直後に現れた麒麟丸天生牙のことを詫びられるがそれを気に留めず、「りんが悲しむ」と言いながら是露りかかる。是露理玖逃げられ、麒麟丸のことは「剛億の試し」として3人の夜叉姫に託した。

夜叉姫麒麟丸の戦いが終わった後はとわに折れた天生牙を託し、麒麟丸との戦いで死亡したせつな蘇生するのを見届けた。

麒麟丸りおんが救われた後は一同の前に姿を現し、所縁の断ち切りを使いこなせていないせつなと覚悟を引き出すため、せつなの中に潜んでいたの胡天生牙で切断し、りんの鱗の呪いが再び動き出す。

りんの命が前の火となったところでせつなを探し出し、時代の前にいたもろはに対して真珠を預けた。全てが終わってりんがを覚ました際は笑みを見せたが、直後に麒麟丸と交戦する。戦いに参戦してきた夜叉姫って麒麟丸500年ぶりの大技、巨大妖火球をとなってまともに受ける。夜叉姫あの世とこの世のに逃がしたが、魄(体を動かす)を奪われて瀕死の重傷に追い込まれる。麒麟丸真珠を奪うためにりん、邪見竹千代を攻撃しようとしたところで立っているのがやっとの状態ながらも爆砕牙を振るい、麒麟丸から何故時代をえようとしているのかを問いた。麒麟丸を退けた後は倒れてりんと邪見によって時代に運び込まれたが、命の限界が迫っていた。そこにとわとせつなが駆け付け、吸妖麒麟丸の妖気を吸われたことによって生還した。

他者との関係

長年殺生丸に仕える邪見は、普段感情を出さない殺生丸の代弁をすることが多いが、余計なことを言い過ぎるため殴ることが多い。


琥珀奈落に操られりんを殺そうとしていたところで知り合い、殺生丸に向かったことで反撃を受け、奈落の命で殺されようとしていると見定めて殺さなかった。霊山へは琥珀の臭いを追ったことで到着している。夢幻白夜に襲われていた際に救出。桔梗の死を知らせて以降は彼の同行を許した。琥珀自身は子供の頃にお世話になったが、心中を推し量ることは難しかったと半妖の夜叉姫で述べている。


りんの事を大切に想っており、りん危機には速さで反応する。「下覇」では守るものなどいと言っているが直前にりんの事を思い浮かべたり、「蓬莱」ではりんを安全なところに置いた上で敵を殺した。冥界りんが二度死亡を迎えた際は「りんの命と引き換えに得るものは何もない」と悔いを浮かべていたが、母親りんを戻してりん蘇生させた際は、邪見くものすごく喜んでいた。奈落との戦い後は、何度もりん着物を贈っている。


神楽からは奈落を倒せる存在として気にかけられていたが、当初は気にかけていなかった。しかし何度も自身を頼られたことで彼なりに気にかけるようになり、心臓を取り戻した神楽奈落に瘴気を注ぎ込まれて動けなくなっていた際に駆け付けるが、天生牙で救うことはできず、瘴気で消えていくのを看取った。魍魎丸に神楽の死を侮辱された際に「自分以外のかのために怒り、悲しむ心」が芽生え、天生牙から残月破を放つきっかけとなる。

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 6
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%AE%BA%E7%94%9F%E4%B8%B8
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

殺生丸

158 ななしのよっしん
2021/10/17(日) 11:34:27 ID: VH7l8X+TJ1
>>154
せつなを生き返らせる時だけライトセーバーになりましたね・・・
159 ななしのよっしん
2021/12/25(土) 22:00:10 ID: q6u2JnEuWh
初めてなんじゃないか?
敵の頃でもない、敵と対峙する時でもない、優しい笑みを見せたのは。
それも妻のりんが長き苦しみから救われたことで…。
160 ななしのよっしん
2022/01/09(日) 18:18:50 ID: FQdam0MzMD
あーん!殺生丸様が倒れた!麒麟丸カバッ!え〜ん
161 ななしのよっしん
2022/01/17(月) 22:08:12 ID: q6u2JnEuWh
くてパンダみたいってTwitterで言われてるが…、
苦しむ顔を見せたくないからわざとを入れてる説もあるな
162 ななしのよっしん
2022/01/18(火) 04:50:58 ID: 857ohBF5wX
正直ぼっちだったらここまで人気出てなかった気がする 邪見とりんの3人セットだからこそ
163 ななしのよっしん
2022/01/25(火) 14:23:39 ID: BfxY8bnnL5
>162
分かる!大妖怪のそばにいるのが、ちっこい2人っていうバランスイイんだよね!
164 ななしのよっしん
2022/02/02(水) 18:13:14 ID: ayMtm0E3+7
確かに邪見とりんの存在が殺生丸の魅を引き出してる印がある
165 ななしのよっしん
2022/03/13(日) 19:28:14 ID: q6u2JnEuWh
気付く人は気付いたかな。最新話での麒麟丸戦闘で爆砕牙を最初に振るったシーン
あれは完結編での曲霊を追い払うシーンと同じなんだ。
166      
2022/03/16(水) 22:50:13 ID: PZDsLv8lw/
妻の命が掛かってるとかと姪をうとかの縛りがない正正銘の決着。
167 ななしのよっしん
2022/07/25(月) 09:07:35 ID: KAklRcMcZs
ヘコ大妖怪()

急上昇ワード改