服部良一単語

ハットリリョウイチ

服部良一(1907年10月1日1993年1月30日)とは、大阪府出身の作曲編曲作詞である。和製ポップス史における重要な作曲の一人である。

概要

大阪土人形師のに生まれる。音楽の才小学生時代からあったが、学校卒業後に商人になるために、は商人として勤め、音楽学校に通うという二束のわらじであったが、そんな日々に嫌気がさしの薦めで、道頓堀にあるレストラン音楽隊に入隊し、音楽センスを磨くようになる。この入隊日は1923年9月1日と、関東大震災のその日であった。音楽隊を辞めた後にジャズアニストとしてバー演奏をしていたが、後に大阪に在住していたウクライナ人の音楽家に才を見出され、作曲作詞編曲を学ぶ。昭和に入ると上し、1936年にコロムビアレコードの専属作曲となる。第二次世界大戦後には、敗戦のどん底に陥っていた日本に、ジャズのフィーリングを生かした曲を次々とヒットを出す。これが、日本での和製ポップの礎となる。

代表作としては『東京ブギウギ』、『い山脈』、『別れのブルース』、『山寺和尚さん』等のほかにヒット作がある。

家族は、長男作曲服部克久、孫に作曲服部隆之がいる。

1993年に呼吸不全により死去。享年85歳。死後に国民栄誉賞を受賞している。現在でもその多く作品は歌い継がれている名曲が多い。

関連動画

       
   

関連商品

    

関連リンク

服部良一公式サイトexit

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%8D%E9%83%A8%E8%89%AF%E4%B8%80

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

服部良一

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • 服部良一についての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!