単語

シュウ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

とは、におい、くささ、という意味の漢字である。

編集上の注意:この記事にはGoogle ChromeSafariでは正しく投稿できないUnicodeコードポイントが含まれています。Google ChromeSafari以外のブラウザで編集してください。

ニコニコ大百科仕様上、臭、臭がこの単語記事に対応します。

また臭素のこと。

漢字として

Unicode
U+81ED
JIS X 0213
1-29-13
部首
自部
画数
9画
音読み(常用)
シュウ
訓読み(常用)
くさい、におう
意味
旧字体は臭。
  1. くさい、におい、嫌なにおい、におう、悪い噂、よろしくない
  2. (嗅と通じて)嗅ぐ
字形
の会意。自は鼻の意味で、嗅覚に優れている動物ということで、においという意味。〔説文解字・巻十〕に「禽走りて臭ぎて其のを知るは、なり」とある。
音訓
音読みは、1.の場合、シュウ音)、2.の場合、キュウ(音)、訓読みは、におう、におい、くさい、かぐ。
規格・区分
常用漢字である。1946年に当用漢字に採用され、1981年常用漢字になった。JIS X 0213第一準。
JIS X 0208で臭・臭は区点29-13に包摂されていたが、JIS X 0213で臭が分けて追加され、包摂基準の適用対外となった。
臭を符とする漢字に、嗅(齅)、殠、糗、𧽒、などがある。
臭骸・臭気・臭味・臭穢

異体字

  • 臭は、旧字体で人名用漢字である。2004年に人名用漢字に採用された。JIS X 0213第三準。
  • 殠は、〔漢語大字典・異体字表〕にある異体字。〔説文〕には別の字として載っているが、段注に「今字、もっぱら臭を用ゐる」とある。
  • 𣧁は、〔漢語大字典・異体字表〕にある異体字。〔康煕字典〕に「ずるに音義、殠と同じ」とある。
  • 臰は、〔広韻〕に「俗に臰と作(な)す」とある異体字。JIS X 0212補助漢字

互換文字

Unicode
U+FA5C
JIS X 0213
1-90-56
部首
自部
画数
10画
𣧁
Unicode
U+239C1
部首
画数
7画
Unicode
U+81F0
JIS X 0212
54-68
部首
自部
画数
12画

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
この記事は自動でリンクされないように設定されています!
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

1 ななしのよっしん
2015/10/09(金) 16:58:08 ID: eD6btgWvBB
くさい
・他人の発言に対して気に入らない際、また批判したい時に使われる
・くっさとも言われたりする
2011年頃からこの言葉が流行したと思われる
👍
高評価
0
👎
低評価
0
2 ななしのよっしん
2016/05/16(月) 14:32:20 ID: rtIetYQqQ9
野獣先輩
👍
高評価
0
👎
低評価
0