sp-que単語

スピーク

『sp-que』とは、ニコニコインディーズで活躍する音楽ユニットである。
おもなメンバー構成はVOCALOIDプロデューサーとしても活動するChiquewa氏と、「歌ってみた」分野で活躍する女流歌い手のspBlue、縁の下の持ちとしてドラムパーカッション奏者の「ぱんだ師匠」。

概要

sp-queとしての楽曲発表は2010年4月27日の『Kyrie Eleison』からだが、二人のコラボ関係はそれ以前、2009年4月19日spBlue投稿作『Chiquewa氏の【しくて Bossa ver】を歌ってみた * spBlue』にまで遡る。

当時Chiquewa氏はニコニコ未参加であり、制作の楽曲はピアプロ上で開されていた。ピアプロまでチェックしていなかったボカロリスナーに、Chiquewa氏の楽曲を紹介する好機となった。
本作はChiquewa氏自身によるmixも存在する(上に表示した動画主コメより配布先に飛べる)。

その後同年9月17日にはChiquewa氏のニコニコ発表二作『【初音ミクMagicオリジナル曲】』が発表された。この際にspBlue動画制作で協している。

より本格的なコラボへの発展は09年12月12日『【Xmas Song】星に願いをオリジナル曲spBlue x Chiquewa』。spBlue初の「専用曲」であり、Chiquewa氏のニコニコインディーズ進出第一弾でもある。
この時点では「sp-que」名義を名乗っていないが、事実上のsp-queとしてのスタートと見ていいかもしれない。

2010年1月30日には『【KarenT配信記念】サヨナラオリジナル曲spBlue x Chiquewa』を発表。
収録の了、完成はこちらの方が先であったという。また、同日にKarenT配信で、先の『星に願いを』とともにダウンロード販売されている。ニコニコ市場itunesStore対応になったので、市場からも購入可
本作主コメで「次回よりsp-queとしてのユニット活動開始」のアナウンスがあった。

そして10年4月30日、その「次回作」であるsp-que第一弾『Kyrie Eleison』発表。作詞は二人の共同による。
同名のミサ曲があるが、音楽としての直接の関係はないようだ。なお、“Kyrie Eleison”自体の意味はギリシャ語の「よ憐れみ給(たま)え」の意である。
歌詞も失意、失望、痛みの渦中の人間像をよく描き出している。

5月24日にはうってかわってエレクトロ路線のナンバー『Kiss Of Life 』を発表。オリジナル巡音ルカオリジナル曲として発表されていたもの。配信中のアルバムI Love Music』に収録されているほか、ピアプロ上に音データがあるので、聞きべてみるのも面い。[ピアプロページ]exit

10年7月23日にはディスコナンバー『Prism』を発表。当時のディスコシーンを知る人はもちろん、知らない若人たちも楽しめる一曲。10代後半~20代前半の人なら、両親に聴かせて武勇伝らせるのもいいかもしれない。
ともかく、様々なジャンルにわたる制作活動とそのレベルの高さ、丁寧さにおおいに驚かされる。

最新作とマイリスト

2010年7月23日

1970年代ディスコナンバーを意識したという本作。このユニットの実・懐深さに舌を巻く。

 

関連動画

投稿作がが増え次第紹介。

関連商品

 

 

関連コミュニティ

sp-queに関するニコニコミュニティ

 

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/sp-que

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

sp-que

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • sp-queについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード