spBlue単語

エスピーブルー
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

『spBlue』 (エスピーブルー)とは、「歌ってみた」「ニコニコインディーズジャンルで活躍する「歌い手」のひとり。称として「青さん」と呼ばれることも。
中性的な印があるが、女性ボーカル。低めの音域を得意とする。動画主コメでの「うp主は女です」は半ばテンプレ化している。もっとも「みんな互いにわかった上」でのやりとりであろうけれども。
ニコニコ上の流行歌よりも、「VOCALOIDオリジナル曲」のうちの、渋めの「大人向け」の曲を扱うことがおおい。

  1. これまで
  2. 最新作
  3. マイリストとおもな動画
  4. 投稿履歴
    1. 2008年
    2. 2009年
    3. 2010年
    4. 2011年
  5. 関連項目・リンク

これまで

初投稿2008年1月6日デッドボールPデP)のVOCALOIDオリジナル曲永久に続く五線譜』。その後も『いつしか、必ず』『曾根崎心中』など、デPの曲を取り上げることが多い。特にデP版『鮮啼ク庭拠リ』(原曲弱音P)『曾根崎心中』は自身の投稿動画の中で、再生数上位をしめる。

そのほかにもいろいろなプロデューサーたちのオリジナル曲を歌う。ニコニコ上での流行歌よりも、Aliced_Twilightz(チーターP)、OPA氏やふなむしPインベーダーP喜兵衛氏など、自身の好みに合う良曲を選んで歌う。「名曲」を探るもすばらしいものがある。

特に入れ込んでいるように見受けられるのが文鳥P(ふみどりP)の曲。実際に親交があるようで、文鳥PKAITO導入を決意させたのも、『覚めの線』についての彼女メールであるという。
08年9月27日文鳥P作『霧初音』では、「ボカロオリジナルを歌ってみた」一番乗りという栄誉に浴した。

2009年には4月19日しくて Bossa ver』を初めとしてChiquewa氏とのコラボ投稿スタート2010年1月末にはKalenTカレント)にて『星に願いを』『サヨナラ』の配信がはじまった。

2010年4月には『ニコニコインディーズ一周年祭』に参加。4月6日には生放送を敢行した。

最新作(随時更新)

2011年1月10日

DuronSpitfire氏のリンオリジナル曲Anti-Sad-Systems』をうたう。作詞はchu-ji師、イラスト原曲から「かゆ」師のもの。右は原曲

VOCALOIDプロデューサーにおP1stアルバムにも他の実歌い手らとともに参加。アルバム自体はボーマス12の会場で頒布された。通販を望むも。

マイリストと代表的な動画

マイリスト

初投稿と代表的な投稿作品

投稿履歴

関連項目とリンク

外部リンク

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/spblue

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

spBlue

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • spBlueについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!


急上昇ワード