今注目のニュース
ビキニや海パンで運転してもいいの?それとも違反?
猫飼った時のイメージと実際の違いに「こんなだったっけ???」
若者の低投票率、井上咲楽が私見「なぜかというと…」

ぶっとび!!CPU単語

ブットビシーピーユー

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ぶっとび!!CPUとは、新谷かおる原作漫画作品である。
白泉社の雑誌「ヤングアニマル」で1993年から1997年まで連載されていた。コミックスは全3巻、文庫版が全2巻。

概要

それまでハード路線のイメージが強かった新谷かおる作品の中では異質のエロコメ作品であり、主人公高校生高岡(たかおか あきら)」が偶然人間(ヒューマノイド)コンピュータの「ミミ」を手に入れたことがきっかけで、ヒューマノイドコンピュータ同士の抗争に巻き込まれるようになる。

…というストーリーなのだが、内容はタイトルの通りのぶっとび様で、

等と相当ぶっとんだ作品となっている。

しかし、この作品の後に「人間人間コンピュータ恋愛」を描いたCLAMPの『ちょびっツ』や、「人工知能との恋愛」を描いた赤松健の『A・Iが止まらない!』等といった作品が数多く生み出されており、この漫画はそういった作品の先駆けとも言えなくもない。
ただ設定がぶっとび過ぎてちょっと先を行き過ぎてる気も…。

また1997年にはOVA化もされており、原作同様Hなシーンも多数登場するが、基本はR-15定の明るいエロコメディ作品であり、ギャグ要素が強めな為に笑って観れるレベルかと。

しかし、監督劇場版ポケモン』の監督でお染みの日高氏、キャラデザが『To Heart』のキャラデザや『コードギアス』の作画監督を務めている千羽由利子氏、その他のスタッフ現在第一線で活躍するベテランが多数参加しているため演出や作画クオリティが異様に高い、また小西寛子宮村優子三石琴乃といった当時の人声優が多数出ているなど、制作で、アニメ良い意味でブッとんでいる。 

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

ぶっとび!!CPUに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/18(木) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/18(木) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP