今注目のニュース
地球サイズの太陽系外惑星を3つ発見! 1つは水が存在するハビタブル
TVアニメ「彼方のアストラ」前半を振り返り! 怒涛の展開で盛り上がる後半も、これを読めばより楽しめること間違いなし!
車内で授乳していた女性に「停め方が悪い」 白人の女がペッパースプレーを噴射(南ア)

カーネル(北斗の拳)単語

カーネル

掲示板をみる(54)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

カーネルとは、漫画北斗の拳』に登場する、ゴッドランドGOLAN)の大佐である。

CV矢田耕司TVアニメ版) / 中尾良平真・北斗無双) / 小山剛志DD北斗の拳

カーネル

概要

マッド軍曹に「超能力者」と言わしめるほど凄腕で、敵の動きを先読みすることに長けている。

ケンシロウに「かつて知らぬ間にこれほど近くまで獲物に接近を許したことはない」と言わしめる程、気配を消すのが上手い男。

戦いではブーメランを使う。また、南斗無音拳の使い手でもある。

アニメ版ではサザンクロス編でシンの部下となり、ゴッドアーミーをまとめるリーダーとして登場。
漫画版で描かれた、「んだ経緯」(後述)などはすべてカットされた。
本来の漫画版だと、カーネルシンと戦ってから新たに出会う敵である。

歪んだ経緯

かつてカーネルは、精密な戦闘機械であり、国家に対する忠心を信念として持つ高潔な精鋭軍人集団「レッドベレー」に属しており、部隊を率いていた(このことから、カーネル自身も、恐らくは国家に対する忠心を持っていたと推測される)。

しかし、現実国家を仕切っていたのは政府の高官や大企業などから成る権者たちで、さらに彼らは自らの利益の為にしか動かないような連中だった。そしてカーネルはそんな彼らを「腐ったブタ」などと呼び、忌み嫌っていた。

そしてある日、彼らは己の利益確保の為に押してはならないボタンを押し、自滅。

一方、カーネル達は鍛え上げられた体を持っていたがために生き残った。このことから、カーネルは「々を選んだ」と解釈する、んだ思考に至った。

そして優秀な民族、同じ思想で統一された民族が必要との考えのもと、ゴッドランドGOLAN)の建すことになる。

ケンシロウとの闘い

当初はブーメランを使った先読み攻撃でケンシロウを苦戦させるが極流舞でブーメランを破壊される。

次に南斗無音拳で攻めるが、ケンシロウの気配を消す戦法により返り討ちに遭う。

最期は眼球を反転させられた後、北斗拳で倒された。断末魔は「へげえっ」。

カーネルの最期の台詞貴様ほどのがあったら何でも可したGOLANの建設でさえも…。それをこんなことに。後悔せんのか…。」とそれに対するケンシロウ台詞「後悔するはずはない。」は印深い台詞だと思う。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 52ななしのよっしん

    2019/07/27(土) 09:59:51 ID: ooT5RvL3R4

    ある意味、核戦争んで狂ってしまった人か。
    の為に命がけの覚悟で戦場に出て、辛い訓練も耐えてきたのに

    将軍や偉い人たちは、飲んで女と乱痴気騒ぎしてて
    お前らなんか私の一本には敵うまい、と侮辱されて、頭に来るのも理はない。
    腐った共にバカにされた時に、ブチ切れて皆殺しにしなかったもんだな。

    一応、上官だから、黙って怒りを堪えていたと思うと気の毒

  • 53ななしのよっしん

    2019/07/28(日) 11:56:42 ID: nSpEORwT7Q

    カーネルの逸話でふと思ったけど、腐った北斗神拳伝承者が自然死か事故死の様な殺し方で精していなければならないし、暴走する馬鹿を間引いて世界を安定させるのが北斗神拳救世主としての役割なはずだけど…核戦争前の伝承者は何をしていたのだろう。

  • 54ななしのよっしん

    2019/08/12(月) 07:37:55 ID: ooT5RvL3R4

    それでも暴走する、腐ったは滅びないという現実がある。
    第二部のジャコウや、終章のコウケツなんか見る限り
    欲に溺れた成金野郎も、いくらでも出てくるんだろう。

急上昇ワード

最終更新:2019/08/25(日) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/25(日) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP