今注目のニュース
いじめが辛すぎて? 10代少年が多くの友人らの目の前で…
投票しても無効になる白票の行方
我が子がADHDと診断され、自分もADHDであることがわかった母親(オーストラリア)

ゲルググ先行試作型単語

ゲルググセンコウシサクガタ

掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ゲルググ先行試作型(高機動型ザクⅡR-3型、R-3S)とは、メカニックデザイン企画MSV』『M-MSV』に登場するモビルスーツである。

概要

ZAKUR3S
ゲルググ先行試作型
MS-06R-3
MS-06R-3S
頭頂高 19.0m
重量 43.5t(本体) / 73.7(全備)

1,390kw
56,600kg
搭乗者 トーマス・マイヤー
装甲 硬スチール合
武器

ジオン連邦モビルスーツガンダム」の対抗策としてビーム兵器の導入を進めた。そこで開発されたのがジオニック社の「高機動型ザクⅡR-2P」である。
しかしR-2Pは冷却システムが未成熟でありジェネレータ出の問題から機動性を維持出来ず、ビーム兵器の採用を諦めてこれまで通り実弾をメインに扱うR-2修された。

R-2は4機が製造。内3機はエースパイロット達からの上申もあったことでエースに引き渡され、戦史に名を残す。
その後ジオニック社はR-21機を社内に残してビーム兵器開発のテストベッドに使用した。

ジオニックガンダムの脅威に迫られたジオンにとってビーム兵器の採用こそ急務と考えており、いかにR-2の出来が良くとも決して開発が納得のいく機体ではなかったのである(エリオットレム中尉は開発に積極的ではなかったという説もある)。

そこから再び機動性の維持をし、遂にジオン史上初のビームライフル採用機の開発に成功する。外観は後世から見てザクからゲルググ寄りに大きく変わったが、これは開発中MS-14パーツを一部流用した為とされる。
本機はゲルググ先行量産型の開発体となったものの、肝心のMS-14ではR-3Sの設計を引き継ぐ事はなく基盤から一新されたようだ。

MSVではMS-06R-3の番が与えられていた。後のM-MSVにて「ゲルググ先行試作型」が登場、デザインと詳細な設定、ストーリーが追加された。番もMS-06R-3Sとめている。
番からR-3SはR-3の修機という説もあるが、後年の資料では同一機として扱われる事が多い。

ジオニック社ではザクⅢとも呼ばれていた(論これは自己申告でありネオジオンザクⅢとは別機。しかしザクⅢという名は06R-3の方が先である)

モビルスーツコレクションノベルズ ACT.7

SDクラブ14号に掲載されたモビルスーツコレクションノベルズ ACT.7「閃光」に登場。

MS-06R-3Sおよび開発に成功したビームライフルをグラナダへ輸送する途中、連邦戦艦2隻と遭遇。護衛の為にテストパイロットを担当したトーマス・マイヤー軍曹が搭乗し、実戦に参加している。
母艦ムサイ級「ホーカム」から出撃、GMを2機撃破した。直後に推進系統に不具合が発生して動作不能になったが事回収されている。

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP