コルト・ファイヤーアームズ単語

コルトファイヤーアームズ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(34)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

コルト・ファイヤーアームズ(Colt Firearms)とは、アメリカ銃器メーカーである。

概要

アメリカ軍のサミュエルコルト陸軍大佐1836年に創業した。
シングルアクションリボルバーを開発したことで世界的にも有名。

同社の製品の中でも、特に「リボルバー界のロールスロイス(高級)」と謳われる“パイソン”や、大口ピストルの代名詞といわれる“ガバメントM1911)”は今もなお用される45口径の規格“45ACP”の祖であり、パテントが切れた今は数多くの銃器メーカーM1911良した製品でシェアを競い合っているほどの優れた設計の品を輩出。

渋い質実剛健なフォルムと同時に米軍をはじめ、警察といった機関にこぞって採用されたというヒロイックイメージのお陰で数多くの主人公キャラクターがこれらの拳銃を握っており、メディアの露出の特に多い製品を手掛けてる。
例として「シティーハンター」の主人公冴羽僚が使ってるのはパイソンの4inchである。

その他、ブローニングM1917重機関銃ライフルM16、その発展の現代突撃銃M4カービンなど、銃器の設計者(ガンスミス)に恵まれたこともあって米軍火器の製造に携わっている、まさに現代銃器スタンダードを作った企業として、100年近いアメリカ軍御用達の銃器メーカーとして名をはせた。

現在

……が、近年は見る影もいほどに凋落している。

と、このように8090年代はどうしようもない半死体企業に成り果てていた。

現在は経営を大幅に縮小・刷新し、軍・官向けの「コルト・ディフェンス」、民間向けの「コルト・マニュファクチュアリング」に分社化して立て直しを図っている。また、M16ライセンス生産していたカナダのディマコ社を買収して「コルトカナダ」に社名変更、小銃の生産ラインだけでもかろうじて確保するに至っている。

2013年にはコルト・マニュファクチュアリングと合併して効率化を図る。しかし合併した段階で2億5000万ドル負債があり、2014年11月債務不履行デフォルト)の可性が発表されたことで、格付け会社のスタンダード&プアーズから格付けを「CCC-」に下げられ、2014年12月末までに償還資がなければ倒産するところまで追い込まれる……が、11月18日モルガン・スタンレーから7000万ドルの融資をうけたと発表され、とりあえず年末のデフォルトは防いだらしい。[1]

2015年6月15日コルト・ディフェンス社は連邦倒産法第11章(日本での民事再生法に相当)の適用を申請したと公式サイトのプレスリリースにて伝えた[2]。適用後、債務の整理と経営の再建をした手続きが進められる。事業は継続される見通しとのことである。

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *コルト・ディフェンス社 債務不履行を回避するため投資銀行から7,000万ドルを調達(ミリブロNews)exit
  2. *Colt Defense Announces Fast Track Restructuring > Colt's Manufacturing Company LLCexit
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/06(土) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/06(土) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP