シャウアプフ単語

シャウアプフ

2.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

シャウアプフとは、漫画HUNTER×HUNTER」に登場する人物である。

通称「プフ」。

概要

NGL(ネオグリーンライフ)自治区で発生した巨大キメラアントの中の一体で、王直属護衛軍として生まれたキメラアント

タキシードのようなったイケメン青年と言ったような外見で、頭から生えている触マントのような羽がければ人間と言っても差し支えないほど人間そのままの姿をしている。
混じりのキメラアントであるピトー魔獣との混成であるユピーと違い、人間以外に何の遺伝子が混じっているキメラアントなのかはっきりしていない。

性格は王への忠心が極めて強く、その強さは忠を通り越して狂信とも呼べるほど。
より正確に言うならば、「王」への狂信ではなく「自分が考える理想の王」への狂信と言うべきで、「王はこうあるべき」「こうであってはいけない」と言った信念(思い込み)のために、裏で暗躍してその障害になりそうな要素を事前に排除しようとする。
細かい事から勝手に妄想を広げ、自らの至らなさを恥じて「護衛軍失格だ、王が世界を支配したら自分は死のう」等と勝手に言い出したかと思えば、王本人に隠し事をしてまで王を「理想の王」にするための策略を巡らせたりする。

人間は取るに足らない生物で王(メルエム)によって一方的に支配・管理・駆除されるべきものと考え、王がその通りに計画を進めていた当初はただひたすら王に付き従っていた。
しかし「選別」までの余として囲碁等のゲームを学んでいる時、コムギと出会って王の価値観に変化が生まれた事を危険視する。そのため何とかコムギを始末しようと考えるようになる。

なお、東方Projectに登場するキャラクターリグル・ナイトバグ」とは、触覚やマントその他の装が似ているため、動画コメントなどにしばしばその旨のコメント(プフを見て「リグルw」等)があるが、似ている以外に何の関係もいので注意。

念能力

ピトーのように具体的な形を取るわけでもなく、ユピーのように圧倒的な量を誇るという描写があったわけでもいため、念能力の強さに関しては不明な部分が多い。何系の者なのかも分かっていない。
ただしそのオーラの「色」は極めて禍々しく、歴戦のハンターであるはずのノヴが、円の外からそのオーラ視しただけで戦意を喪失し、脱出した後に髪の毛が全て白髪になってしまった程。後に決死の覚悟で再度宮殿へやって来た際にはその白髪が全て抜け落ちてしまった。

なお、この時ノヴは禍々しいオーラを見て、事前情報の偏りから「ピトーオーラだ」と勘違いしている。
ピトーオーラも(初登場時付近では)かなり禍々しいオーラだと言われていたが、キメラアントの巣の中でピトー撃したポックル(ゴンクラピカ同期の新人ハンター)は恐怖こそしたものの、ノヴのような状態にまでは至っていない。
このことから、プフのオーラピトーよりもかに禍々しい色だと思われる。

一方で、ノヴの同僚であるはずのモラウは、後にプフと一対一で戦う事になったが特に恐怖してはいなかった。
ただしこれは、ノヴは味方のサポートが期待できない単独潜入工作プレッシャーの中だったのに対し、モラウはネテロ会長等も含めた総員突撃の中での一幕であったという違いがあるため、一概に較は出来ない。

ちなみに、「円」の範囲はアメーバ状で最大2kmに及ぶピトーや、一で宮殿の敷地の数倍の範囲を包み込む復活後のメルエムべればずっと狭く、先述のノヴが見て戦意喪失した当時は「宮殿の2Fをカバーするのが限度」と言っている。

能力才華・念能力の習得を助ける能力

正式名称不明。念能力であるかどうかも詳しくは不明。

念能力を習得したキメラアントの一部(ヂートゥなど)がプフに身につけさせてもらったと発言しているため、プフにこの手のがある事が分かるが、具体的な方法も一切不明。
ただし、自身の念能力の制約によって念間のを失ってしまったヂートゥ(通常、このパターンでは二度とが戻る事がい)が、大した苦労もせずに全く新しいを再度すぐに身につけていることから、既存の念能力法則からある程度逸脱している強だと分かる。

「本人に合った念能力を身につけさせる」とは言うが、上記のヂートゥが最初に習得したの制限時間設定が不必要に長かったことから、純に本人の才を開・育成する形で覚めさせるのではなく、プフあるいは本人の意志によって人為的にを植えつける側面がある。

感情や記憶を消さなければレオルとヂートゥのように短期間でから出てを取得できる。

パームキメラアント化すると共に手に入れた念能力もこれによるものだと思われるが、キメラアント化のために包まれていたそのものがプフのであるかは不明。ピトーと共同して短期間で忠実な洗脳兵を作ろうとしたが失敗に終わり、ピトーを借りずに前世の記憶を消してゆっくり覚めさせる方がかえって好都合と確信する。

麟粉乃愛泉(スピリチュアルメッセージ)

相手の周囲に自身の羽の粉を撒く事でオーラの流れを鮮明にし、相手の感情や思考を読み取る。

そのものはオーラの流れを読むだけであり、オーラの流れや配分から感情やその時の思考を読むのはプフの頭の仕事である。

蝿の王(ベルゼブブ)

自身の身体を分裂させて数の分身を生み出す

分裂する大きさ・数は自由自在だが、サイズと数は反例する。多数の分身を生み出そうと思えばそれだけ個々のサイズを小さくしなければならず、必然的に戦闘も下がってしまう。
眼で見えなくなるほどまでにサイズを小さくすれば、戦闘は低下するものの発見される危険も減るが、「本体」は最小でもハチ程度の大きさまでにしかなれず、容易に発見・攻撃されてしまう。

分身を寄せ集めて擬態させ、「分裂していない本人」を装う事も出来るが、戦闘は格段に低い。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/01(金) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/01(金) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP