トヨタ・センチュリー 単語

29件

トヨタセンチュリー

1.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

センチュリー(CENTURY)とは、トヨタ自動車が製造・販売する最上級(フラグシップセダンである。値段は¥12,538,286(税込)でこれはトヨタブランドの中で最も高い。

概要

1967年トヨタ創始者である、豊田喜一郎のである豊田佐吉の生誕100周年を記念して登場。かつて、日本自動車会社が製造する自動車の中では最高額だった。現在は、限定生産などを除けば「ホンダNSX2代目)」が最高額(税込み23,700,000)となる。

大臣、都道府県知事などの要人や、一般企業の役員・893組長芸能人などの富裕層がよく使用している。
ただし、環境への配慮という面で大排気量は好ましく思われなくなってきているため、としての採用は減っている。

尚、皇族向けには「センチュリーロイヤル」という、センチュリーベースに更なる内装の高級化・外装の安全化を図った車両が用いられている。ただし、このは皇族専用で、一般には販売されていない。

意外に思われるかもしれないが、レンタカーとしても用いられている。論、値段は割高で、1日レンタルで4万円ほど。

レンタカー理だという人にはハイヤーにも採用されているので、乗れるチャンスは案外多い、というかこちらのほうがこのに相応しい乗り方で乗れる。リクエストすると行を外してもらえる。ご用命はお気軽に。

それでも理な人は霊柩車はどうだろう。この世の最後のセンチュリー

性能・特徴

排気量は5000cc1997年以前の旧式は4000ccだった)。
トランスミッションは6速AT。駆動方式は後輪駆動FR)。

個人差にもよるが、編集者が乗った限りでは後部座席の座り心地は半端く良い。生地は羊毛か本革を選べる。
リアテールランプは独特の形をしていて、かつては電球だったが2006年LEDに変わった。

ボディカラー公式名称は神威(かむい)、摩周(ましゅう)、瑞雲(ずいうん)といった厨二独特な名称がつけられている。

初代は30年、2代目2016年現在およそ20年と非常に長いモデルライフが特徴。
現代のは通常5~6年程度でモデルチェンジするので、世界的に見ても異例の長期モデルである。
もちろん随時良がほどこされており、初期と現行では別物と言っていいほど手が加えられている。

また、V12エンジンを搭載する史上初にして一の乗用車でもある。

ライバル車

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/25(土) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/25(土) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP