ハーメルン単語

ハーメルン

1.7千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
曖昧さ回避

ハーメルン(Hameln)とは、以下のことを表す。個別記事があるものは太字で表示している。

  1. ドイツ北部ニーダーザクセン州都市メルヘン街道沿い。→ハーメルン(都市)
  2. 上記都市の有名な民間伝承。→ハーメルンの笛吹き男
  3. タイムクライシス4に登場する生物兵器部隊→ハーメルン大隊
  4. 月刊少年ガンガンに掲載されていた漫画略称及びそれに登場する都市名前。→ハーメルンのバイオリン弾き
  5. LA-PPISCHの楽曲。→ハーメルン(LA-PPISCHの楽曲)
  6. Web小説投稿サイト二次創作小説専門投稿サイト「にじファン」のサービス終了に伴い、2ch有志によって設立された。→ハーメルン(小説投稿サイト)

ここでは1,2,3,5について説明する。

ハーメルン(都市)

ドイツ連邦共和国北部のニーダーザクセン州に属する都市。人口は約5万6千人。同州の州都ハノーファーの南西約30kmに位置し、鉄道ではハノーファー中央から約45分。

グリム童話にも登場する「ハーメルンの笛吹き男」(der Rattenfänger von Hameln)の舞台として知られており、このため、グリム童話舞台をつなぐ観光街道メルヘン街道」の一部となっている。日本人観光客もしくない。になると毎週日曜日中心部で「ハーメルンの笛吹き男」の屋外劇が開催されるが、その解説にはドイツ語英語フランス語などに続いて日本語も登場する。

笛吹き男の関係のみならず、地域独特の様式ヴェーザー・ルネッサンス様式で建てられた建物など、美しい建築物が多いことでも知られる。

ハーメルンの笛吹き男

13世紀にハーメルンで実際に起きたといわれる民間伝承。

によって荒らされていたハーメルンの町。そこへある日カラフル衣装をまとった笛吹き男が現れた。

捕り」を自称する彼に民は「を退治したら男に報酬を与える」ことを条件に退治を依頼した。男はを吹いてを導き、なんとで全て溺れさせてしまった。男は褒美をもらうためにへ戻ってくるが、町民はその約束を反故にしてしまう。これに怒った男は、でハーメルンの少年少女を誘い出し、どこかへ連れだしてしまう…というお話。

退治した笛吹き男は、ねずみ男でもなく、鼠先輩でもなく実は悪魔だったとも。あぁいと恐ろしや。

民話としてグリム兄弟などが収録しており、日本でもよく知られている。ディズニーシリー・シンフォニーでも映像化されている。

ハーメルン大隊

タイムクライシス4に登場する敵組織。アメリカ陸軍生物兵器部隊、通称「ハーメルン大隊」。部隊章には「ハーメルンの笛吹き男」を意図したと思われるが描かれている。4軍統合で構成されており、その存在は軍内部でも一握りの者しか知らない極秘部隊であった。
第二次世界大戦頃より訓練された動物兵器として扱う秘密部隊が存在し、それは公式な存在さえも抹消された非人的な組織であった。その後も動物遺伝子良された生物兵器として扱う実験や任務を担ってきたが多数の兵士が犠牲になったり、一つを消す事態にまで発展することもあった。
しかし、にできない部隊のため兵士の待遇は悪く、ついに生物兵器「テラーバイト」を用いた反乱を発生させた。

ハーメルン(LA-PPISCHの楽曲)

LA-PPISCH1990年に発表されたアルバムmake」に収録され、後に1991年1月1日5thシングルとしてシングルカットされた。 ハーメルンの笛吹き男をモチーフ上田現作詞作曲した。

上田現トリビュートアルバムBUCK-TICKがこの「ハーメルン」を歌っているのだが、時代を考慮してかは不明だが上田現に対する思いを反映して以下のフレーズ削除されている。

子供たちと 彼等の後をあしばやに追いかけてみた」
「ずっと笑われてきたんだね 石も投げられた事もあるんだろう?
  泣き事なんか決して言わないから……
 ついて行くよついて行くよついて行くよ」
「こうして ぼくの子供たちは 一人もいなくなったのさ」

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/23(金) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/23(金) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP