ホンダ・インサイト単語

インサイト

  • 3
  • 0
掲示板をみる(44)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

インサイト(アルファベッド表記:INSIGHT)とは、ホンダが製造・販売するハッチバックハイブリッドカーである。

概要

初代

1999年11月に登場。初代のボディータイプは3ドアハッチバッククーで、後輪がボディーで隠れているなどかなり独特なデザインで、燃費は量産ガソリンで当時としては過去最高の35km/Lを叩き出した(数字は10・15モード)。

また、一般自動車としてはかなりしくアルミフレームを使用し、車両重量が現在軽自動車並みの820~850kgとかなりの軽量だった。

排気量は1000ccトランスミッションは5速MTCVT

当時はまだガソリン較的安かったり、ハイブリッドの技術があまり知られていなかったり、インサイトが2人乗りというのもあってか、あまり売れず(約2000台ほど)、ホンダハイブリッド車ポジション2001年より発売されているシビックハイブリッドに統合する形で2006年に製造終了。

2代目(現行型)

初代インサイトが製造終了の約3年後の2009年2月5日に発表・発売開始。ボディーは先代のものであったクーと大きく変わって、5ドアハッチバックとなり、かつて同社が製造していたCR-Xがモチーフとの意見もある。デザインライバルであるトヨタプリウスに似ているものの、ボディーサイズプリウスより小さく(プリウスは3ナンバーで、インサイトは5ナンバー)、ホンダの最小セダンとして同年まで販売されていたフィットアリアとほとんど同じ寸法(全長が全く同じで、全幅が5mm拡がっただけ)である。このため、ハイブリッド車であると同時に従来のフィットアリアクラスポジションを埋める役割も担っている。

ベースFit(GE?)、エンジンハイブリッドシステムシビックハイブリッド(現行2代目2005年~)の物を流用することで、価格を抑えることに成功し、廉価グレードのGでは価格が189万円とプリウスよりかなり安い(ちなみに現行プリウスの廉価グレード価格は233万円だが、5月発表予定の新では205万円からラインナップされる予定)。

間の販売標は5000台だが、2月末発表で、受注が間販売標の3倍以上である約18000台突破した。

初代は2人乗りだったが、2代目は5人乗れるようになり(後部座席は天井が低いのでやや乗りづらいとのがある)、Fitベースというのもあってか、ラゲッジスペースが広い。

燃費は10・15モード3028km/L、排気量は1300cc

トランスミッションCVTのみ(上級グレードには7速スピードモード付き)。初代にあった5速MTはない。

関連動画

初代インサイト

2代目インサイト(現行型)

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/12(月) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/12(月) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP