制限改訂 単語

284件

セイゲンカイテイ

1.6千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

制限改訂とは、新時代の幕開けである。

概要

TCGではゲームバランスを調整する際、カードテキストの内容を変えたりする方法(エラッタ)を取る事もあるが、「遊戯王OCG」では禁止カード、制限カード、準制限カードという特定カードデッキへの投入枚数を制限する制度によりバランスを調整している。(通常同名カードデッキに3枚まで入れられるが、禁止カードデッキに入れることができず、制限カードは1枚、準制限カードは2枚までしか入れられなくなる。)

遊戯王公式サイトく、に以下の観点から禁止・制限・準制限カードを選定している。

「リミットレギュレーション  | イベント・大会 | 遊戯王ゼアル オフィシャルカードゲーム」exitより引用

制限改訂とは、このリストを毎年3月1日9月1日ゲームバランスの調整も兼ねて変更することである。・・・のハズなのだが、あんまり意味がかったりよりカオスゲーム環境に変貌することが稀によくある
2013年9月からはリミットレギュレーションと名を変え年4回の訂になった。

基本的には前環境で猛威を振るったデッキキーカード規制され、環境の変化により需要が減ったカードの制限が緩和される。

新しく禁止、制限、緩和されるカードリストは前のVジャンプにて発表され、そのたびに多くのデュエリストたちはデッキの再構築、カードの値崩れ、高騰に悩まされる。リスト発表1ヶほど前になるとフラゲを偽ったニセのリストが出回るのはお約束

たまに禁止カードから制限カードに復帰(制限復帰)する場合もあることから、復帰の可性のある禁止カードを収集する者が復帰が判明した後、ネットオークションなどで普通に考えたらまずありえない値段で出品したりする。そして普通に入札が入る。デュエリスト怖いっす。

訂によって禁止カードが増えるたびに一部で「禁止にするぐらいなら作るな!」というが上がるが、イレカエルレスキューキャットのように新カードや新システムの登場により禁止定されたり、カオス・ソルジャー -開闢の使者-のように後に制限復帰するカードもある以上、登場から1年足らずで禁止定されるカードもあるが理な話なので諦めよう。

2013年9月からの変更点

と言っても環境によっては調整が入らないがあると考えても問題いだろう。実際、同じように年4回調整を行っているTCGでも調整を行わなかった例は存在する。

ノーリミットデュエルに関しては開催店舗ごとに独自のリミットレギュレーションを設けられるようである。全くの制限しだと全盛期のエグゾディアやカタパルト・タートル以上に悪なダーク・ダイブ・ボンバーを引っさげた魔導サイエンティスト復活などジャンケンゲーに発展するのは確実なので今後の調整が気になるところである。

関連動画

関連コミュニティ

制限改訂に関するニコニコミュニティ紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/18(木) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/18(木) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP