今注目のニュース
大島優子に笑福亭鶴瓶「キスくらいしたん?」
先輩の送別会をドタキャン… 翌日言われた一言に「罪悪感」
「Fallout」シリーズのボルトボーイがねんどろいどに登場

禁止カード(遊戯王OCG)単語

キンシカード

  • 7
  • 0
掲示板をみる(402)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

禁止カードとは、デュエルで使用できないカード群である。

概要

基本的に遊戯王OCGでは、ひとつのデッキ(山札)には同じ名前のカードは3枚まで入れることができる。しかし、実際には次項で上げるような様々な理由によりコナミに投入枚数を制限されるカードが存在している。その中でも特に「デッキに0枚までしか入れることができない(=デュエルで使用してはいけない)」と決められたものが禁止カードである。

遊戯王OCGでは2004年3月1日から禁止カードが制定されることになった。発売直後のものが即禁止になることは滅多になく、半年でまずは制限になり、その後も活躍していれば禁止になる、といったように猶予期間があることがほとんどだが、環境に強く影を与えている場合は制限からいきなり禁止になることもあり、環境の変化で数年越しで禁止になるケースもある。かつてこの禁止カードや制限・準制限カードリストは毎年3月1日9月1日訂されていた。毎回このリスト定日前後には全デュエリスト達が一喜一憂する姿がみられる。
しかし、2013年9月1日から禁止・制限カードは「リミットレギュレーション」と名を変え、年四回更新されることとなった。
その次の更新は僅か二ヵ後の2013年11月1日であり、以降は2月1日4月1日7月1日更新されることになった…のだが、2014年7月1日に三ヶに1度に変更され、その後は10月1日1月1日4月1日7月1日更新される。

現在、登場してから最も速く禁止されたカードは、半年も経たない167で禁止になった《Emヒグルミ》《EMモンキーボード》である。また同率3位は169日の《炎征竜-バーナー》と《風征竜-ライトニング》、同率5位は174日の《十二獣ドランシア》と《十二獣の会局》、7位は197日の《魔導書の神判》、同率8位は198日の《地征竜-リアクタン》と《水征竜-ストリーム》である。1位カードはそれぞれ2016年1月1日、同年4月1日に、3位と7~8位の5種類のカードは全て2013年9月1日に禁止となった。
なお、親征竜の禁止により効果自体が全くの意味となった子征竜4種類は、2015年1月1日に親征竜と入れ替わる形で解除されている。

登場から速攻で禁止になったカードを見てみると、8期後半の「魔導征竜」時代、9期中盤の「EMEm」時代、9期終盤から10期にまでもつれこんだ「十二獣真竜」時代が対となっている。
また、各親征竜に対応する互換カードである子征竜を除けば、9期の同じパックから出たカードが複数禁止にされていることが多い。このことから、如何に当時の対戦環境が崩壊していたかが伺える。
魔導征竜」時代は環境トップもまだ競い合う形となっていたが、「EMEm」時代と「十二獣真竜」時代は文字通り、他のデッキが対戦環境に入る余地の全くない一強となっていた時代である。
一強環境を二回も生み出してしまった9期は、禁止カード制定の理由となってしまった「カオス環境に次いで、OCGでも遊戯王第二の暗期」り継がれることも多い。

シングル戦を前提としている関係で制限・禁止カードOCGとは異なる遊戯王ONLINEについては、この項では割愛させていただく。というか、すでにサービスは終了してしまった。制限カードや準制限カードについても割愛する。とばっちりで使えなくなったメタカードサポートカードについては後述する。

デュエルリンクスでは独自の制限としてLIMIT1・LIMIT2がある。
LIMIT1は同じLIMIT1からデッキに1枚しか入れられないカードのことである。(LIMIT1から2枚とかはできない。)同じくLIMIT2はLIMIT2の中から合計2枚までしか入れられないカードのことである。
ルールカードプールが現行のOCGとは全く異なるため現実とはまるで違った規制となっている。

遊戯王OCGにおける最新の禁止・制限カードリスト公式サイトの該当ページexitを参照されたし。

ちなみに2013年9月21日から実施された新ルールノーリミットデュエル」では、開催店舗が禁止・制限を決定することが出来た為、ここに名を連ねていたカードたちも再び活躍できるチャンスがあった。
2017年7月ノーリミットデュエル止され、現在は大会では使用できない。

禁止カードに指定される理由

禁止カード定されてしまう理由には、に以下のようなものがある。

  1. 1ターンキル又はそれに準ずる物(先行全ハンデスなど)を高確率で成功させることが出来る。
  2. ほぼ全てのデッキに投入出来るほど汎用性が高く、デッキ構築の幅を狭める。
  3. 勝敗に直結するループコンボを容易に成立させる。(制限で済むものもある。)
  4. 1枚でデュエルが決まるほどの効果があるパワーカードで、使う条件も緩い。
  5. 後に登場したカードとあまりに相性が良すぎる、環境を席巻するほど活躍する。
  6. その他、マッチキルに使われる、裁定における判断が難しいカード等。

取り分けコナミは1.の1ターンキルには厳しく、規制の対になることが非常に多い。

禁止カードにならない理由・解除される理由

まず、2013年9月訂までは、先ほど挙げたように発売してからさほど日が経っていないものはすぐには禁止カードにならなかった。現在でも先述の通り、発売してから半年は禁止にならないカードも多い。
また、大会で結果を残せていないもの、成功率が低く安定しない1ターンキル規制の対になりにくかったり、なるのが遅くなったりする。

一方で、日本では立った活躍を見せていないカードでも、海外の大会で猛威を振るっているものなどは禁止カード仲間入りをすることがある。かつて禁止カードだったものが使用可カードに復帰することもあるが、これは環境の変化による部分が大きい(例として対抗手段や妨手段が増化・環境インフレーションによる相対的な弱体化デッキの多様化・使われていたデッキ弱体化等々)。
なお、《ダーク・ダイブ・ボンバー》や《混沌の黒魔術師》のようにエラッタされ、復帰するパターンも存在する。

基本的にOCGのパック売上や環境を考えながら規制するカードや復帰させるカードを決めるが、《ダーク・ダイブ・ボンバー》のようにエクストラデッキから出てくるので制限・準制限カード定する意味が薄く、かつ大会のデュエルが画一化される場合は、い時期に制限からいきなり禁止カード定されることもある。

禁止カードリストと理由(2019年10月開始のリスト。上の項目の番号に対応している。)

モンスターカード

魔法カード

罠カード

それぞれのカードの詳細については、大百科の個別記事や遊戯王カードWiki(外部)exitを参照されたし。

影響を受けたカードリスト

それ自体は禁止カード定されていないものの、発動条件や召喚条件に当たるカードが禁止になったことで影を受けたカードが複数存在する。
これらの中には、セットして反転召喚せずに表側表示にしたり、召喚条件を視して特殊召喚するカードを用いたりすることによって、場に出すことができるものもある。しかし、効果が発動できない、生制限がかかる、すぐにフィールドを離れるなどのデメリットが発生し、そのカード本来の持ち味を発揮できないことがある。

大会によっては禁止となるカード

Yu-Gi-Oh! World Championship 2015 第3回店舗・ブロック代表決定戦(2015年4月1日5月24日)以降のWCSシリーズ(所謂選考会)では、一般の部、小学生の部ともに、上記の通常の禁止カードに加え、《レインボーライフ》・《自爆スイッチ》・《三位一択》・《秘の中華なべ》・《非常食》が禁止カード定されている。

自爆スイッチ以外のカードライフを大きく増やし、自爆スイッチは引き分けにするカードとなっているが、これはエキストラターンエキストラデュエルという大会の独自ルールによるもの。

大会には制限時間があり、時間を過ぎたらサドンデスに入る。また0勝3分け(自爆スイッチを3連打した場合など)や1勝1敗1分けの互の成績になった場合もサドンデスに入る。

この時規定のターン終了時でライフが多い方が勝ちになる(同じだったら追加ターンターン終了時に判定する)ため、ライフを大量に回復できる上記のカードは切り札となる。また自爆スイッチで全部引き分けにしてエキストラデュエルに持ち込み、ライフゲインで最後に勝つ戦術も見られ、旗色が悪くなるとまた自爆スイッチで仕切り直すなどして時間がかかり、大会進行に支障が出るとして、これらの5種は代表選考会や世界大会では禁止カードとなっている。

海外での禁止カードについて

元々は日本と同じ制限改訂だったが、2013年9月1日以降日本とは異なる制限改訂になっている。こちらも同じような理由で禁止カード定されているが、日本のとは違い、厳しく定されてることが特徴。《増殖するG》のような日本では制限のカード禁止カードになっていたり、《No.16 色の支配者ショック・ルーラー》のように日本より禁止カードになったり、《聖なる魔術師》のように禁止から復帰したカードまであったりする。

関連動画

制限改訂紹介動画

禁止カード活躍デュエル動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 400ななしのよっしん

    2019/10/19(土) 18:16:22 ID: WbmbEwFalG

    利用方法が圧倒的に少なかった時代のオーパーツ的なカードが消えていく。

  • 401ななしのよっしん

    2019/11/09(土) 20:12:11 ID: A/hG7NWqkZ

    厳守が義務付けられてるのはあくまで公式大会だけなんだから買ったカードがすぐ禁止にされて嘆いてる人はその分フリーガンガン使ってあげればいいと思うの。そもそも相手に「禁止カード使ってもいいですか?」って聞くんじゃなくて相手から「公式の禁止制限を適用しませんか?」って聞いてくるのを待つのが筋なんじゃないかね。だってフリーじゃん。

  • 402ななしのよっしん

    2019/11/12(火) 14:52:14 ID: gvrhBy1F5I

    別にそれでもいいけど、禁止カードを使う対戦するに値しないプレイヤーとして排除される覚悟は持とうね
    メーカーの意向に従うプレイヤーと、自分の遊びがやりたいプレイヤーは同じTCGを遊んでいても別の人間だよ

急上昇ワード

最終更新:2019/12/10(火) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/10(火) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP