今注目のニュース
おぎやはぎ矢作、闇営業は「1億円なら断らない」 人力舎も契約書ナシ?
指原莉乃、「何とも言えない」評判を発見し苦言 「なんでそうなるのか」
死んだ彼氏が“脳”だけになって戻ってきた――“脳”と暮らす彼女の創作漫画が切ない

北の国から単語

キタノクニカラ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

北の国からとは、

  1. 日本テレビドラマ。脚本は倉本
  2. ↑のテーマ曲として使われた、さだまさしの楽曲。正式名称は「北の国から~遥かなる大地より~」。

ドラマ「北の国から」

北海道富良野・麓郷地区を舞台として、黒板一家の暮らしを描く。1981年から1982年にかけて、全24話の連続ドラマが放送された。

その後、1983年から2002年までの間に8回のドラマスシャルが放送された。この間、要なキャストは変更なく、登場人物の年齢は役者リアルタイムの年齢とリンクしている。特に、放送当初子役であった吉岡秀隆(純役)や中嶋朋子役)の成長を楽しみに見ていた人も多いであろう。

主な登場人物

黒板五郎
演:田中邦衛
黒板一家人。妻の不倫をきっかけとして、子供2人を連れて東京から富良野へ帰郷してくる。
黒板
演:吉岡秀隆
五郎長男。典的な都会っ子で、当初は東京へ帰りたがっていたが、富良野での生活に染むにつれて心が変化していく。時折挿入されるモノローグで、よく語尾に「~なわけで」と付けている。
黒板
演:中嶋朋子
五郎の長女。

楽曲「北の国から~遥かなる大地より~」

ドラマ「北の国から」のテーマ曲として使われた。

タイトル通りの牧歌的な旋さだまさしの歌が加わり、ドラマのみならず北海道そのもののイメージソングとして有名になった。

なお、さだまさし長崎県出身であり、北海道に特別な縁があるわけではなかった。そのため当初は脚本の倉本からのオファーを断ろうとしていたが、結局倉本に押し切られる形で作曲を担当することになったという。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/20(土) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/20(土) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP