今注目のニュース
本日で「メルペイフィーバー」が終了! 開始時と異なる対象店舗に注意
乙武洋匡さん「明日はエイプリルフールですが、コロナ関連の嘘だけはやめにしませんか」ツイートに反響
小池都知事が“夜の繁華街”の利用自粛要請…箕輪厚介氏「名指しされた業種の“死刑宣告”のようになってしまうのはおかしい」

南斗茶番劇単語

ナントチャバンゲキ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「南斗茶番劇」とは、AC北斗の拳におけるなんとも馬鹿馬鹿しくてくだらない寸劇の様な戦いである。

※南斗茶番劇を見る際は、口の中一杯に飲み物を含んでからご覧下さい。

南斗茶番概要

その寸劇は、2008年6月18日修羅の国中野TRF」で行われたガチ大会において、

の二名の戦いの際に上演された。

本質的にはガチ大会での試合な為、1ラウンドはまだ試合になっていたが、2ラウンドになると、ブーストゲージとオーラゲージ七星ゲージは減らすもののダメージを与える事ができずネタ技の域を出ない魅せ技で、南斗実況拳伝承者DAICHIからも

やる意味ねーだろこの技

と言われたジャギの対シン専用究極義「今は悪魔が微笑む時代なんだ!」が飛び出した上に、「名前欄はお前らネタ帳じゃないんだチラシの裏にでも書いてろな」ジャギにより七星ゲージを全て奪われて死兆星が点した「auの庭にサラダバーしてきた自由人シンは、これまた死兆星が点した時専用の自爆技「お前の拳では、死なん!」を繰り出した。

「どうやらここまでのようだ」

と、サラダバーしようとする「auの庭にサラダバーしてきた自由人シンに対して「名前欄はお前らネタ帳じゃないんだチラシの裏にでも書いてろな」ジャギは、

「何故諦める必要がある」

と再度「今は悪魔が微笑む時代なんだ!」を繰り出して、「auの庭にサラダバーしてきた自由人シン自爆を止めた。

そのあまりの茶番ぶりに、ギャラリーからはもう一度やれとリクエストされるものの、「auの庭にサラダバーしてきた自由人シンオーラゲージく、もう一度行うのは理かと思われた。

しかし「俺の名全一」は格が違った。

「名前欄はお前らネタ帳じゃないんだチラシの裏にでも書いてろな」ジャギ空気を呼んで、相手にオーラゲージを1本プレゼントする挑発を行ったのである。

オーラゲージプレゼントされた「auの庭にサラダバーしてきた自由人シンは再度「お前の拳では、死なん!」を繰り出してサラダバーしようとしたが、「名前欄はお前らネタ帳じゃないんだチラシの裏にでも書いてろな」ジャギは「auの庭にサラダバーしてきた自由人シンの正面にまわり、タイムカウント00になったところで一撃必殺技「フフ・・・この時を待っていたのだ」を繰り出して「auの庭にサラダバーしてきた自由人シンテーレッテーした。

そのあまりの茶番ぶりに、外野からは

にやってください

と突っ込まれた。

おこの寸劇の最中に「名前欄はお前らネタ帳じゃないんだチラシの裏にでも書いてろな」ジャギは、

長いのでマイケルと略します

と言う南斗実況拳伝承者「DAICHI」により、マイケルの名が与えられた。

↓南斗茶番劇に実際の映像はこちら

2010年4月18日に行われた北斗の拳モヒ修羅合コン紅白大会『tanaさん引退SP』では、今日AC北斗の拳引退させられることになっていたのに、自身が戦う前に紅白戦の決着がついてしまった「tana(シン)」が、「ふぎ(サウザー)」を相手に名してラストバトルを繰り広げる事になった際に、tanaスペシャルからのサラダバー自殺と言う茶番を繰り広げた。

南斗茶番関連動画

クマレイ南斗残念拳究極奥義が炸裂し、ほたる艦長に

なにこの茶番

と言われてしまった。

なお、タグは「南斗茶番劇」ではなく、最終的に勝敗を決したのが北斗撃の二連発であった事から「北斗茶番劇」となっている。

南斗茶番関連商品

南斗茶番関連コミュニティ

南斗茶番関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/04/01(水) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2020/04/01(水) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP