今注目のニュース
コロナ差別に松戸市が『緊急宣言』 その内容に「よく言った」「当たり前だけど大事」の声
うがい薬買い占めに薬局店員が戦慄 ひと晩明けて恐怖高まる理由があった
健康診断の病院選びで大失敗。注射で3回もミス、X線検査では…

家事手伝い単語

カジテツダイ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(45)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

家事手伝い(かじてつだい)とは、事を手伝うことである。(例:家事手伝いしてくる)

または、事を手伝う人のこと。(例:私は家事手伝いです)

概要

家事手伝いとは、庭の洗濯・皿洗い・料理・掃除などを手伝うことである。またはそれをする人。

無職の聞こえの良い呼び方としても使われることもあるが、原則事を手伝ってないと家事手伝いではない。

無職の別称として

家事手伝いは一般的な用法としては無職、特に、無職独身女性を意味することが多い。「カジテツ」と軽い感じに略されることもあるが、要は無職である。

例えば、無職女性面接など現在職業を聞かれた際に無職と答えると世間体が悪いため、家事手伝いと答えることで「修業中です」「親孝行してます」と、無職より多少は前向きっぽい表現になるのである。だが無職である。その場合、実際に事をしているかどうかは他人には分からないため、親の支援の元で全く事をしていないような状態でも家事手伝いと称されることすらある。

ただし、本当に他人のの家事手伝いを行い、政婦のように賃をもらっている場合は無職ではない。
一応本来は「家事手伝い≠無職」である。

家事手伝いの印象

特に、女性結婚して庭に入るのが当たり前とされていた時代では、家事手伝いは働かなくても暮らしていける裕福な生まれのお嬢様を連想させ、現在でも肯定的に取られることがある。しかし、女性社会進出が進み、若年無職の増加が問題視されるようになった昨今では、家事手伝いってぶっちゃけ無職だよね?という否定的な潮も高まってきている。なお、家事手伝いがニートに含まれるかどうかについては、内閣府ニートに含むとしながら、厚生労働省ニートに含まないとしており、的な定義が分かれてしまっている。しかし、一般的な見方としてはやはりニートだろう。

でももし、家事手伝いを無職の項にいれてしまったら「主婦」も立無職になってしまう。
そもそも政府の定義では主婦無職に含む場合がある。再就職の時には主婦無職扱いにされることも少なくない。

なお、家事手伝いという表現は、そもそも以前より働くことが当然とされている男性には用いられにくい。よって、男性には上手く無職ニートオブラートに包める表現がないのも現実である。「働いたら負け」的なことから言っても、実は家事手伝いは勝ち組なのかもしれない。

関連商品

 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 43ななしのよっしん

    2019/07/16(火) 18:33:41 ID: hixnLamyfF

    クロノクロスというゲーム主人公職業がまさに家事手伝いってなってて少し笑ったw

  • 44ななしのよっしん

    2019/11/22(金) 11:55:08 ID: ZqS5ViCL11

    ダスキンに頼むと事は週に2万くらいはかかるな

  • 45ななしのよっしん

    2020/06/15(月) 09:56:00 ID: QfnieX+5WC

    これは働いている人が事をしたらという前提の計算。
    つまり家事手伝いが本業の人は当たり前だけどこの計算だけだとゼロ
    格差問題もだけど、そもそも事の費用をも直接は負担していないということがコトの本質だろう。
    外に頼めば高くつくというのに。

    事の時給”は女性1470円、男性1850円ってどういうこと!? 事のお値段を「見える化」したら…
    https://limo.media/articles/-/17652exit

おすすめトレンド

急上昇ワード

最終更新:2020/08/06(木) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2020/08/06(木) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP