面接単語

メンセツ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(45)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

就活久保

 面接とは、お前らの就職転職に立ちはだかるである。別名ウソつき大会。(ここでは集団討論には触れない)

概要

 一部の小中学受験高校受験大学受験医学部、AO)、院試、就職試験その他で課される試験の一つ。その人物が実際にどんな人間か、を見るために実際に会って、質問をしたりストレス耐性をテストすること。法書士試験の二次のような口述試験を含む場合もある。

 ぶっちゃけ、AO以外の受験における面接はよほど非常識な態度(医学部であれば「患者なんてづるっすよ」とか言うとか)をとったりしない限りは受かるし院試なんかあってないようなものである。が、面接が牙をむくのは就職転職の際である。いくら筆記を頑っても筆記しか評価しない受験と異なり勉強の努の泡になる可性がある。もう筆記と学歴だけで採用してくれよ

 実際に面接官が、多くの場合会場の一室(企業によっては喫茶店などでなんて場合も)で志願者に実際に会い、質問を行い、マナー、態度装、答えの内容等を評価し採用不採用を決める。オーソドックスな質問としては志望動機、自己PRなど。

 形式には集団面接、個別面接、集団討論があるが単に面接と言えば受験者一人に対し面接官1~数人という形式の個別面接がイメージされる。

で、ほんとに意味あるの?

 実際に意味があるのか疑問であるということで、面接を止する企業もある。マナーやエチケットなどもそれ対策のハウツー本やマニュアルがあったりで対策してきているので素の人物像は見えない、また志望動機等だって普通志願者は本音を言わずをつくわけで [1]、「その人の本当の人柄とか考えは見えないのではないか」というわけである。そんなわけで一部の企業では面接がない、なんて企業もある。

 また、姓名判断とか血液型占いのために血液型を聞いてそれで採用不採用を決める、じゃんけんで決めるという意味不明な例もあったという。

 また、実際は筆記がギリギリだったり、低学歴大学しか出ていないなどの理由で実際は不採用が決まっているけど一次試験に通っちゃったから形式的に面接するみたいな場合もある。このように実態としては面接の意義はあるのかは実際にははなはだ疑問ではある。

圧迫面接

ネロ&ニコ

 罵倒する、怒鳴りつける、わざと嫌な質問をするなどという企業もある。

 圧迫面接と呼ばれる手法で、その人物のストレス耐性を見るために行うと言われている。

関連商品

関連項目

脚注

  1. *公務員だったら本音は安定だとか民間理だとかが動機であろうが、そんなことは言わずにどんなしょうもない自治体に対しても着とかやりがいというの動機を言うにきまっている。
この記事を編集する

掲示板

  • 43削除しました

    削除しました ID: Dx/WdrYM3H

    削除しました

  • 44ななしのよっしん

    2021/01/16(土) 21:17:43 ID: 7E7cgEQNm2

    最低限の会話が可かみるのが面接
    の応酬はオマケ

  • 45ななしのよっしん

    2021/03/28(日) 12:14:44 ID: +U0+aysJh4

    機転が効かない弾きたいのかマニュアル人間と対策ガチガチ人間対策の質問するとこ増えてる
    エントリーシートの内容がやかであればあるほど、この手の質問に対する回答内容で素性がバレるから注意
    そういう意味でもと話を盛るのは控えめにしよう

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/22(火) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/22(火) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP