今注目のニュース
ビジネスの世界に「万人受けは不要」歌舞伎町の女社長が語る
ズボンをはかない息子を怒鳴るも…息子の“大人”対応で怒り方を反省した漫画 「涙が…」
生後11ヶ月の息子を盾に我が身を守った鬼畜父親 「撃たれたくなかった」

小山順一朗単語

コヤマジュンイチロウ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

小山順一朗とは、「機動戦士ガンダム 戦場の絆」「湾岸ミッドナイト」「アイドルマスター」等の業務用ゲーム開発を手掛けたプロデューサーである。

2015年よりバンダイナムコゲームスの執行役員・AM事業部エグゼクティプロデューサー[1]

765プロ会長高木順一朗」の順一朗の元ネタの人。

概要

1990年ナムコ(現:バンダイナムコエンターテインメント)入社。10年程業務用ゲーム技術者として従事した後、企画プロデュースに進む。

アイドルマスター(アーケード)

業務用「アイドルマスター」の開発側のプロデューサーを務めていたが、変態坂上陽三寝てない石原章弘らが立っている為、高木会長の名前の人程度の認識のユーザーの方が多いと思われるが、2015年西武ドームで開催された「THE IDOLM@STER M@STERS OF IDOL WORLD!!2015」の1日ラストに登場し、「ドームですよっ!ドームっっ!」とPVの最後に言っていた事が10年後に実現した事について「夢にも思っていなかった」とった。

機動戦士ガンダム 戦場の絆

本職のプロデューサーとしては、2000年代はじめの業務用ゲーム不況によりシェアの縮小が進んで開発にも苦労していた中、「アイドルマスター」に続いて現在ではナムコバンダイ統合の徴とも言われ、絶対売れないと思われていた一千万円以上する大筐体セットが3ヶで元がとれる売上を記録したと言う「機動戦士ガンダム 戦場の絆」をプロデュースした。

戦場の絆の開発にあたっては、前記の業務用ゲーム不況による開発縮小の為、開発費は元よりスタッフえられない状況の中で、興味をもった人間を正社員・契約社員問わず引き込み、経験不足を気にする者には「君ならできる」といって様々な仕事を任せつつ、社内評価は最低の状況で少人数の開発を揮した。と同時に、当時の業務用ゲームの欠点を研究し、少人数での開発ながらも多人数ネットワーク対戦とボイスチャットと言うユーザーめる機を持ったゲームとして戦場の絆リリースした。小山Pの判断によりおっさん世代でもプレイしやすいようにゲームスピードを遅めに調整された戦場の絆は、サラリーマン層を取り込む事に成功し、前記の通りの大ヒットとなった。

その他

関連動画

関連チャンネル

関連項目

関連リンク

脚注

  1. *バンダイナムコグループ主要会社の執行役員・部長職の人事についてexit2015.2)
  2. *http://wanganmaxi-official.com/maxi10th/jp/producer/index.html
  3. *https://vrinside.jp/news/vrzoneican_interview/

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/18(月) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/18(月) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP