戦闘力たったの5単語

セントウリョクタッタノゴ

  • 6
  • 0
掲示板をみる(145)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

戦闘力たったの5とは、ゴミである。

概要

一般的には『DRAGON BALL』(JC17巻、完全版14巻)のラディッツの発言として有名。

地球に来襲したラディッツが、を持ち銜えタバコをしているモブキャラクター農夫らしき地球人にスカウターを使い戦闘力を測ったところ、たったの5であったため「戦闘力…たったの5か…ゴミめ…」と見下すように言い放っている。

アニメ版では、『ドラゴンボールZ』と『ドラゴンボール改』ともに第1話に当たるため較的メジャーな言葉となっている。ニコニコ動画でのラディッツを含むネタ動画では、この言葉が使われている率が高くなっているようだ。

「戦闘力…たったの5か…」と「戦闘力たったの5…」

実はラディッツ以外にもほぼ同じ発言をしたキャラがいる。
地球に降り立ったフリーザ親子の前に未来トランクスが立ちはだかった時、フリーザ親子の配下が戦闘力を計測し「戦闘力たったの5…ゴミめ…」と発言したのがそれ。

並べると分かるが、この記事名だと本当はラディッツ(間に「…」を挟み後ろに「か」がつく)よりこの雑魚のほうがより合致していることがわかる。
しかしあまりに存在が地味なうえ発言も後発であり、知らない人も多い。

余談だが、スカウターはここ以降登場しない。

戦闘力5のオッサン(仮名)

CV:松尾銀三(Z)→園部啓一

このオッサンは『ドラゴンボール』のモブキャラでもわりと知名度が高いほうだが、作中では名前がないため称自体が「戦闘力5のオッサン」だったりする。

原作と『ドラゴンボールZ』では「ぶちころすぞ」などと過な発言をしていたが、『ドラゴンボール改』では(おそらく時代の変化により)「撃つぞ」に表現変更された。

戦闘力るうえで「を含めた強さ」なのか「おっさん自体の強さ」なのかよく意見が交わされる。が、インフレで何万何億という戦闘力が出てきた『ドラゴンボールキャラクターの前では、その程度の差など文字通りゴミに等しい。

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/02/25(木) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2021/02/25(木) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP