手塚国光単語

テヅカクニミツ

掲示板をみる(139)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

手塚国光(てづかくにみつ)とは、テニスの王子様に登場する架の人物である。

アニメ声優置鮎龍太郎テニスの王子様オン・ザ・レイディオでは見事にキャラ崩壊した手塚を楽しむことが出来る。

ミュージカルでは、滝川英治(初代)→大口兼悟(聖ルドルフ演)→城田優(2代目)→南圭介(3代)→渡辺大輔(4代)→馬場良馬(5代目)→和田磨(6代)→多和田秀弥(7代)→財木磨(8代)→宇野結也(9代)→青木瞭(10代)が演じている。

概要

私立青春学園中等部男子テニス部の部長
登場してから一貫して作中最強レベルであり続けたテニプリ最強クラステニヌプレイヤー

その強さはとどまる所を知らず、それまでほぼ敗だった主人公越前リョーマに圧倒的な実差を見せつけ、 作中最強として描かれているリョーマの越前南次郎の技を「手塚ゾーン」として使用し「中学生レベル全にえてる」とまで評された。

その反面、序盤では試合シーンがほとんど描かれなかったり、に肩の故障が原因で万全な状態で戦える機会に恵まれず、 跡部との試合後は治療のため九州に行ってしまい全大会まで出番がなくなるなど、強すぎるが故の不遇な一面も見られる。

しかし九州から帰ってくるなり唐突に「百錬自得の極み」を披露。 若者の人間離れが加速するテニプリ界に全く遅れを取らないばかりか、むしろ積極的にテニヌ化を助長する始末である。

公式戦戦績は6戦中4勝2敗(内消化試合2試合)というもの。地区予選・都大会はオーダーされてたものの出場は1試合のみ(鎌田中の杉本くんというほとんどモブ)。関東大会は跡部戦のみ。全大会で樺地千歳というチートキャラを倒したのが大会中の功績といえよう。

とても中学生には見えない貌だがれっきとした中学生原作でも教師に間違われた事がある。詐称疑惑)

手塚国光の歴史(順不同)

技(能力)一覧

関連動画

      

関連商品 

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/10/16(土) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2021/10/16(土) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP