今注目のニュース
なぜ匿名ブログは実名より読んでて楽しいのか
今年の漢字は「令」 令和初の1文字は元号から
忘年会の想定予算、3年連続上昇の4449円 平均参加回数は「1.07回」

新燃岳単語

シンモエダケ

  • 2
  • 0
掲示板をみる(13)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

新燃岳(しんもえだけ)とは、鹿児島県霧島市宮崎県小林の県所在する活火山である。

概要

標高は1421m。九州南部に位置する霧島連山の一つで、霧島連山最高峰の韓国岳(1700m)と孫降臨神話で知られる高千穂峰(1574m)の中間に位置する。較的新しい活火山で、連山の中では御鉢とともに活発な活動で知られており、火山活動の状況や防災対応を示す噴火活動レベルが導入されている26の火山のうちの一つである。火口の底には火口である新燃池があり、エメラルドグリーン美しい色で知られていた。

新燃岳はその性質上、砕丘(火砕丘・ホマーテ)に分類される。砕丘とは噴火活動により噴出した火山物だけからなる火山で、山の直径は小さいが火口は大きいのが特徴である。実際、新燃岳も火口の直径は約750mと大きい。

史料が残っている最も古い噴火は1716年の享保噴火で、活動は1年半にも及んだ。その後も1771年、1822年、1959年と噴火を繰り返してきた。小規模な噴火も含めると、1991年2008年2010年にも活動をしている。

2011年1月からの噴火活動

火口には直径600mの溶岩が蓄積されており、爆発的噴火の際には火砕流の発生も懸念されている。

なお、小規模な噴火ならば半年前にも起こっているが、今回のような規模の噴火となると、1959年昭和噴火までさかのぼり52年ぶりになる。

なお、小規模の噴火まで含めるとこれ以外に何度も起こっている。1月26日4月18日までのものは特に規模が大きかった噴火である。

関連動画

公式生放送

関連商品

関連項目

掲示板

流行語100

急上昇ワード

最終更新:2019/12/13(金) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/13(金) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP