火災旋風単語

カサイセンプウ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

火災旋風(かさいせんぷう, Firestorm, Firewhirl)とは、自然災害の一つである。

概要

大規模な火災が起こると、炎により酸素が消費されると共に、暖められた空気が上昇する。
そのことにより、火炎に向かって周囲からが吹き込み、炎の旋となる。
一旦発生すると周囲からの酸素を取り入れ、進む先を焼き尽くしながら拡大していく。

大震災・山火事・大襲など、大規模な火災が起こればいつでも発生する可性があるため、そのような状況を想定する場合は必ず考慮される災害である。

日本で有名な例は、1923年の関東大震災である。
墨田区横網町公園へ避難した住民達が持ち込んでいた具に引火したことで、公園内に火災旋風が発生。逃げ場を失った避難民40000人が死亡する大惨事となった。

見かけたら決して近づかず、直ちに119番通報すること。

「炎の竜巻」と形容されるが、気学的には「旋(Whirlwind)」であり、「竜巻(Tornado)」とはメカニズムが異なる現である。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/20(火) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/20(火) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP